« 家族の新年会 | トップページ | 激安に異変? 消費者つかむ新戦略 »

2010年1月12日 (火)

電気自転車から電気自動車へ

S20100112_1S20100112  早朝社員研修は阿倍野区で8.00から、テーマは「変化の始まりの2010年とその対応策」。午後は神戸国際会館での「上海ビジネス事情」セミナーへ。■中国は、「世界の工場」から「世界の市場」へと大きくその役割を変え、今回の国際金融危機に対しても、内需主導による対応で、いち早く経済基盤を回復させました。■中国経済の先頭を走る「長江デルタ」、特に上海を中心とした現地情報について、駐在経験者と上海市対外経済貿易代表事務所の駐日代表のお話でした。■3月か4月に上海の企業視察を予定しているので、その情報収集のためにセミナーに参加した。5月から上海万博。■今朝の日経によると、中国の2009年の新車販売は1364万台、08年比46.2%増。米国の1.3倍となり、初めて世界1位となった。2010年は09年比10%増の1500万台に達するとの予測も発表。■電瓶。中国では電気自転車が全国で1.2億台普及。上海では280万台およそ1家に1台の割合で普及、庶民の貴重な足ではあるが、危険性も高く当局の規制強化の動きは、自転車協会と対立している。■中国のBYDは電気自動車を今年後半に米国で発売する計画を明らかにしています。■中国の動きに目を離すことができないない。■夜は東住吉区の製造業でISO9001の研修でした。

|

« 家族の新年会 | トップページ | 激安に異変? 消費者つかむ新戦略 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。