« 電気自転車から電気自動車へ | トップページ | 無駄の定義 »

2010年1月13日 (水)

激安に異変? 消費者つかむ新戦略

S20091231_7S20091231_5S20091231_2    NHKクローズアップ現代のテーマは「激安に異変?消費者つかむ新戦略」でした。■安売り以外の戦略で客の心を掴もうとしているスーパーが注目を集めています。■まず年末に見学した福岡にあるお買い物の楽しさと、食の喜びを届けるアミューズメントフードホール・「ハローデイ」が紹介された。■「ハローデイ」はお客さまカードを活用して、客が欲しい商品は原則的にすべて仕入れることにしている。■山梨県にある「オギノ」は、客の買っている商品からその客にどんな買い物の志向があるのかを分析。その志向にあわせて店毎に販売する商品を変える戦略を打ち出している。■一方、「コストを削減する」小売りの常識を否定し、あえてコストをかける戦略を打ち出すところも。首都圏にある「オオゼキ」は、従業員の7割を正社員にしてそれぞれの担当者に値決めや品揃えを任せる「個店主義」を打ち出している。■独自性をどう打ち出して客の心を掴むのか永遠の課題です。
■関連ウェブ:「ハローデイ」http://www.halloday.co.jp/
■関連ウェブ:「オギノ」http://www.ogino.co.jp/
■関連ウェブ:「オオゼキ」http://www.ozeki-net.co.jp/

|

« 電気自転車から電気自動車へ | トップページ | 無駄の定義 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。