« 現在の難局を打開する変革を担う人材の育成 | トップページ | キッシンジャー博士の「2010年 10の予測」 »

2010年1月 9日 (土)

人間もおおいなる自然の一部

天満橋6.53発、阿倍野橋・吉野口・JR五条8.19着。五条市内の企業で環境の勉強会でした。S20100109iso_1 S20100109iso_2
■次のような予習の課題をお願いしておいた。
1.「環境とは」?
2.あなたが重要だと思う環境問題は何でしょうか? その理由は?
3.あなたが私生活で、環境面で努力していることは何でしょうか? 
4.「生物多様性」とは? あなたと「生物多様性」は関係ありますか?
5.「環境側面」とはどのようなことでしょうか?
6.「ISO14001・環境マネジメントシステム}とは?
7.環境の法律はどんなものがありますか、それは具体的に何を守ることを求めていますか
8. ISO14001の中で「環境側面」の抽出が大切な理由は何でしょうか?
S20100109iso_8S20100109iso_9 ■全員が熱心に課題と取り組んでいただいたので、研修の成果は期待通りに終えることができました。.■「生物多様性」との関係では多くの方が、人間もおおいなる自然の一部、食物連鎖とか、ハチとの関係など、いろいろ勉強されたことが窺えた。■久しぶりに学校時代の経験をしたとの感想も聞いた。S20100109iso_10
■19.00から毎日TV・TBS『森のラブレター』の第二弾を見た。■人間もおおいなる自然の一部、木や土地、山や海や川の存在があって、生かされています。すべての命の源は、水。その水は、海から空へ、そして大地へと循環し、森を育て、その森がたくさんの生命を育んできました。人の命そのものも、親から子、そして未来へと受け継がれてゆきます。めぐる水、空気、食べ物、そして命。■生まれ来る子供たちのために、今、何ができるのか?自然と暮らしを見詰め直す地球ドキュメンタリーでした。
■大阪市立中央図書館で下記4冊を借りた。
今北純一著「ミッション、いま、企業を救うカギはこれだ」
佐伯祐司著「ポイント図解・儲かる経営戦略、立案の手順」
宮内健次著「経営計画で儲かる会社に変える」
社員教育研究会編「社員研修・教育ガイドブック」

|

« 現在の難局を打開する変革を担う人材の育成 | トップページ | キッシンジャー博士の「2010年 10の予測」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。