« 老いたと思わず、若さを伸ばす | トップページ | 大正、昭和、平成を力強く生き抜きました »

2010年1月 3日 (日)

自然治癒力を高めることが病気治療の基本

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「言葉の花束」をいただきました。言葉の花束「2012010.1.1.doc」をダウンロード   してご覧ください。
☆ 脳科学から見ると「人は変わることができる」
「私はなりたい自分になれる」と信じること、希望をもつことこそが、あなたのこれからの道を大きく拓きます。――マーシー・シャイモフ著 茂木健一郎訳「脳にいいことだけをやりなさい」(三笠書房)
☆ 自然治癒力を高めることが病気治療の基本
現代人はこの「自然治癒力」を100%発揮しているとはいいがたいと思います。現代人の生活は、一昔前に比べ、信じられないほど便利で快適になりました。しかし、エアコンで暑さ寒さを簡単にしのげる、旬のものしか食べられなかったはずの野菜がハウス栽培で一年中食べられるなど、「便利」「快適」ではあるが、「大自然の摂理」にそむくものが多くなっています。これが自然治癒力を低下させる原因となります。 もうひとつ忘れてはならないのが、薬の飲みすぎです。――帯津 良一「達者でポックリ」(東洋経済新報社)

|

« 老いたと思わず、若さを伸ばす | トップページ | 大正、昭和、平成を力強く生き抜きました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。