« 三強者への批判、コミュニケーション不足 | トップページ | 変われない企業は2年で滅ぶ »

2010年2月 5日 (金)

「カーボンフットプリント」とコミュニケーション・スキル

環境とコミュニケーションスキルについての刺激をいただいた一日でした。■EMS審査員向けの「環境マネジメントシステム審査員への最新環境情報講演会」を受講しました。今日のテーマは「有効性を審査する」と、カーボンフットプリントは製品環境情報の「見える化」である。CPDは2.5時間。
▼「マネジメントシステムの有効性を審査する」
▼「カーボンフットプリント制度施行の状況について」
▼「CEARからのお知らせ」
▼関連web:経済産業省ホームページの「CFP情報」
▼関連web:産業環境管理協会ホームページの「CFP情報」
▼関連web:カーボンフットプリント日本フォーラムの「CFP情報」
■18.30から「コミュニケーション・スキル習得研修」
▼講師:S&Gビジネスディレクション㈱知念くにこ氏
▼1.コミュニケーションとは
▼2.よりよいコミュニケーションとは
▼3.ワークショップ:さまざまなパターンを体験しよう
・自己紹介(傾聴のスキル・理解・構成・五感を使う)
・二人で交代して、各自3分間で、「名前・会社名・あなたにおすすめしたいこと」を伝える
・相手の話し方の感想を述べる
■発信者の考えを伝え、相手に理解・賛同してもらい、ひいては行動の変化を起こすことこそが目的です。コミュニケーションの知識と技術の基本をわかりやすい講義と豊富な実習で習得し、「聞き手の心を動かす」話し方を体得するセミナーでした。ワークショップを通じて、コミュニケーションを数多く経験し、フィードバックを得ることで確実にスキルを体得できます。
▼関連web:S&Gビジネスディレクション
▼関連web:知念くにこ氏のtwitter

|

« 三強者への批判、コミュニケーション不足 | トップページ | 変われない企業は2年で滅ぶ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。