« 激動するアジア | トップページ | 問題解決研修 »

2010年2月26日 (金)

エコカー戦争

大腸内視鏡検査が14.00まで。遅れて、大商のセミナー「エコカー戦争」の著者に聞く、~次世代エコカーの開発動向~を聞いた。■電池の開発にかかっている。■畑野 旬さんの著書「 エコカー戦争 ~次世代クルマ戦争に勝ち残るのはどこか」 (洋泉社BIZ) 
第1章 「環境」を制するものが世界を制する
第2章 とてつもない可能性を秘める新世代エコカー
第3章 エコカー戦争に勝ち残るのはどこか?
第4章 進化のカギは二次電池にあり! 「救世主」リチウムイオン電池
第5章 使うだけでなくエネルギーを回生する電気モーター
第6章 トヨタでさえ優位とはいえない! 次世代カーが迫る業界大変革
第7章 2020年にはガソリン車が消える!? エコカーが現実化する「脱石油社会」の未来図
■引き続き15.00から「行動観察手法を活用したサービス現場改善プロジェクト」及び「中小サービス現場の現場改善事業」の成果発表会に参加した。
■「行動観察手法」を用い、従業員個人の経験や勘に頼りがちな「厨房・調理」、「顧客誘導」、「接客・おもてなし」の各業務を分析し、名人、達人のノウハウを抽出することにより、提供するサービスの全社的な質の向上や抜本的な見直し、業務の効率化など、“サービス革新”につなげる。■がんこフードサービス㈱、近畿日本鉄道㈱、㈱ロイヤルホテル事例の紹介があった。■優秀なホテルマンは顧客の顔と名前を4000人分を記憶している。その秘訣は名前と勤務する会社を結ぶなどのストーリ性をもって記憶する(4倍記憶力が増す)。■昼間覚えるよりも、就寝前に確認する方が効率が3倍良い。

|

« 激動するアジア | トップページ | 問題解決研修 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。