« 笑顔と挨拶、接客 | トップページ | 中小企業論 »

2010年2月17日 (水)

「実戦」に役立つ読書14カ条

☆ 余韻は新しい人間関係を生む呼び水に
――工藤美代子「余韻のある生き方」(PHP新書)
☆ 「実戦」に役立つ読書14カ条
1.金を惜しまず本を買う
2.一冊で満足せず、必ず類書を読む
3.選択の失敗を恐れない
4.自分の水準にあわないものを無理して読まない
5.読みさしでやめることを決意した本も最後までページを繰ってみる
6.速読術を身につける
7.本を読みながらノートをとらない。時間の無駄。
8.人の意見やブックガイドに左右されない
9.注釈は本文より重要な場合がある、読み飛ばさない
10.懐疑心を忘れない
11.オヤと思う場所があったら、その著者がその情報をどうやって得たのか、またその判断の根拠はどこにあるのか考える
12.疑いがあるものについては必ず生のデータにあたる
13.翻訳には誤訳が多い
14.大学で得た知識などいかほどでもない。                                                        ――立花 隆「ぼくはこんな本を読んできた」
■(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「言葉の花束」をいただきました。言葉の花束「2010.02.18プラス魅力204-2010.2.15.doc」をダウンロード   してご覧ください。■午前中税理士さんと打合せ、午後は東大阪市内の企業でISO14001、夜はシティプラザ大阪の露天風呂のあとマッサージと至福の時間を過ごしました。

|

« 笑顔と挨拶、接客 | トップページ | 中小企業論 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。