« 商店街からのまちづくり | トップページ | 監査員が活用できるスキルアップ七つ道具 »

2010年3月14日 (日)

世界的成長株「アフリカ」

20100314 ルソンの壷はニット製品の「編み機」で世界トップシェアを誇る和歌山の「島精機製作所」でした。■Voice4月号の特集は「日本製造業復活への大戦略!」です。
■『ニューズウィーク日本版』2010.3.17号は「アフリカ ポストBRICsの実力」を特集しています。■汚職まみれのアフリカの事業環境は今も「有毒」だが、中流化と都市化に伴う内需の爆発は利益の源泉としてもう無視できない。アフリカの人口10億人のうち3億人の新たな中流層の途方もない需要が目がくらむほどのビジネスチャンスを生み始めた。リスクなら先進国にだってある。それが経済危機の教訓だ。国民1人あたりの所得で見ればアフリカは既にインドより豊かだし、中国よりも豊な国が10以上もある。
■南アフリカ W杯で交通革命を起こすはずが
■ジンバブエ 観光業の足を引っ張るムガベの経済音痴
■ルワンダ ハイテク先進国を目指し奮闘中
■ナイジェリア 石油産業改革法案が引き起こす政治闘争
■シエラレオネ 内戦復興の先頭に立つ帰還民の情熱

|

« 商店街からのまちづくり | トップページ | 監査員が活用できるスキルアップ七つ道具 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。