« 関西の中小企業が電気自動車の完成披露式を行った | トップページ | 「ゆくさおじゃったもんした」知覧、池田湖、開聞岳をバスでめぐります »

2010年4月 6日 (火)

細胞の健康状態を示す「健康指数(HQ)」をどんどん高めよう

近くのながの内科クリニックで、5年ぶりに胃内視鏡検査を受けました。■鼻から管を入れ、鼻の検査をしているような状態でいつの間にか終了していました。10分くらいでした。細くなったのもオリンパスの技術、進歩ですね。
■(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「言葉の花束」をいただきました。
言葉の花束・プラスαの魅力「2072010.4.1.doc」をダウンロード  してご覧ください。。
☆ サムシング・グレートに対する感謝の祈り――村上和雄・筑波大学名誉教授、棚次正和・京都府立医科大学教授「人は何のために『祈る』のか」―生命の遺伝子はその声を聴いている」(祥伝社)
☆ 健康指数(HQ)をどんどん高めよう――山田豊文・杏林予防医学研究所所長「細胞から元気になる食事」(新潮社)
■日経エコロジー5月号は「世界全体で100兆円市場が立ち上がる、スマートシティ争奪戦」を特集しています。■明日から鹿児島・屋久島へ出かけます。

|

« 関西の中小企業が電気自動車の完成披露式を行った | トップページ | 「ゆくさおじゃったもんした」知覧、池田湖、開聞岳をバスでめぐります »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。