« これからの化学物質管理について | トップページ | ユニクロを超える経営 »

2010年4月 1日 (木)

東京都排出量取引制度が始まります

S20100401_4 4月1日、世界で3番目となるキャップ・アンド・トレードが東京都で始まります。■大規模事業所ごとにCO2(二酸化炭素)排出量の総量削減の義務を課し、未達分は排出枠を事業所間で取引する。■それでも目標を達成できない事業所には、厳しい罰則が待ち受けている。■約1400の事業所が対象ですが、CO2排出量の合計は、都内業務・産業部門の約4割を占めています。■同様の制度がいずれ大阪府下でも始まるでしょう■BSIの井上さんから「東京都排出量取引制度」のセミナー資料をいただきました。■関連WEB:温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度の導入について■今日は入社式が各社で行われました。
■五条の企業でISO14001の構築のお手伝いでした。
■帰り道、御所市小林の桜を楽しみにました。

|

« これからの化学物質管理について | トップページ | ユニクロを超える経営 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。