« 発展途上国での留学体験で国際社会に通用する逞しい青年が育ちます | トップページ | 「ダントツ商品」を出すコマツ大阪工場を見学しました »

2010年4月15日 (木)

商店街は、どうしたら地域再生の拠点となりえるだろうか

桑蓬会第293回例会は恩村さんの「地域社会における商店街の役割」-地域住民に役立ち、地域の魅力を発信する街おこし活動の取組み-の報告でした。
・2009年に、経済産業省は「新・がんばる商店街77選」を発表
・2009年第171通常国会に「地域商店街活性化法案」を提出、同年8月に施行。
■京都府下の商店街がどのような街おこし活動を展開し、自商店街の活性化および地域コミュニティ活動へのお役立ち」活動を調査し、商店街活性化方策のあるべき方向を研究・考察する調査報告でした。
S20100415_3 ■報告書の概要(75頁)
 はじめに
 調査の概要
 第1章:商店街活動の概要
 第2章:商店街調査
 第3章:商店街のコミュニティ活動事例
 第4章:中小企業診断士の役割
 第5章:調査およびアンケート資料
■魅力ある個店があってこそ商店街へ客を呼ぶことができる。■地域密着型の商店街がコミュニティへ貢献する決め手は、みんなで取り組める、その街ならではの活動をすることである。■一緒に取り組む仲間が育つこと。この仲間に、街の魅力を熱く30分間語れる人は何人いるか。この仲間と集まって、一緒に議論し、行動することが大切です。
■朝食をおかゆ、昼食は焼きいもに切り替えて1年、5kg痩せた。健康診断で精密検査を受けるよう医師から言われた。大腸内視鏡検査、胃内視鏡検査に引き続いて、昨日はCT検査を受けました。いずれも異常なしで、とりあえずほっとしました。

|

« 発展途上国での留学体験で国際社会に通用する逞しい青年が育ちます | トップページ | 「ダントツ商品」を出すコマツ大阪工場を見学しました »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。