« 地震が起こる前に備えを万全にしておきたいものです | トップページ | 東南アジアはなぜ発展するのか »

2010年4月18日 (日)

斬新な発想力が顧客の獲得に繋げている

和歌山の「貴志川線」。■一時は廃線となった赤字ローカル線を復活させた「和歌山電鐵」。斬新な戦略を次々と打ち出し乗客を獲得、注目を集めている。■会社の強みは、斬新な発想力。■地元特産の「いちご電車」や、電車内で思い切り歌える「歌声電車」など、地域ぐるみで全く新しい電車利用のアイデアを、次々と出し乗客の獲得に繋げている。■その手法は今、各地の鉄道再生の切り札になると期待されている。■地域社会とともに鉄道の運営方法を探ってきた。
■関連WEB:和歌山電鐵
■関連WEB:貴志川線の未来を“つくる”会
■今朝のがっちりマンデーは、雑誌付録で100万部突破のweet スウィートでした。■出版社 宝島社が発行する月刊ファッション誌(女性誌)です。■ 斬新な発想力が顧客の獲得につなげている。

|

« 地震が起こる前に備えを万全にしておきたいものです | トップページ | 東南アジアはなぜ発展するのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。