« 東京都排出量取引制度が始まります | トップページ | 出張サービスの花見パーティはいかがですか »

2010年4月 2日 (金)

ユニクロを超える経営

ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは2日、モスクワ市内にロシア1号店を開店した。日本の衣料販売企業がロシアへ進出するのは初めて。■ロシアは国内総生産(GDP)で世界9位の経済力を誇り、ユニクロは3年以内に10店舗の開店を目指す■日経トップリーダー4月号は「ユニクロを超える経営」世界の顧客の心をつかむの特集です。
■ユニクロが強いのは、次の3点を押えているからだ
1)「肌感覚で、ニーズをつかむ」
2)「お客を説得しないと、売れない」
3)「日本一でなく、世界一」
■顧客になりきって商品を考え、
特徴をわかりやすく、
世界に向けて伝える。
中小企業もこの
「売れる本質」を押さえれば、
面白いように売れる!
医療器具製造の「マニー
■糸・ニット製造の「佐藤繊維
■海外からも患者が来る「亀田総合病院
■ユニクロの店を見て、強さが分る社長は感度が高い(小宮一慶)
■来店客が感じる主な「ユニクロの魅力」を挙げた。最終消費者の心理を知るのは、企業経営の鉄則。アパレル業界以外の経営者も、自分の感度の確認を。
▼価格が想定範囲内 ▼ベーシックで使いやすい ▼色、サイズが豊富▼店が明るく、きれい ▼試着や裾上げがスムーズ▼話題の商品がある▼行くたびに何か新しい▼意気込みが伝わる▼接客態度がいい▼便利な場所にある
■感度が低いのは、普段から「お客様第一」ではないからだ(日経トップリーダー4月号。p.24)

|

« 東京都排出量取引制度が始まります | トップページ | 出張サービスの花見パーティはいかがですか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。