« 平城遷都1300年祭、平城京跡へ | トップページ | アジア回帰の日本と世界進出の中国 »

2010年4月25日 (日)

女性客の心を掴む「主役商品3:脇役商品7」の法則

今朝の「がっちりマンデー」はインキ業界の話でした。インキもいろんな種類があります。■電子部品の「基盤」の表面への印刷用インキは「ソルダー・レジスト・インキ」です。ソルダーは「はんだ」で、レジストは抵抗です。■このソルダー・レジスト・インキは基盤に印刷して高温で液状になったはんだに浸けるとインキ部分は、はんだをはじき、はんだは必要な部分だけに付きます。
■紙幣の偽造防止インキ
■温度で色が変わる示温インキ
■消しゴムで消えるパイロットペンのインキ。
■65度以上の温度で透明になる示温インキ、-15度以下でまた色が元に戻るそうです。
■新幹線の社内検札用シャチハタの開発した速乾朱肉
■液晶テレビの画面用のインキ
■キンドルで使われている電子インクなど
■関連WEB:業界地図「塗料・インキS201004241300_46 

■ルソンの壷は靴下など女性用“レッグファッション“の製造販売の「チュチュアンナ」でした。■低価格ながら最新のトレンドを取り入れた商品を次々と開発し、10代から50代まで幅広い客層に支持され、急成長を続けています。■急成長を続ける秘密は「主役商品3:脇役商品7」の法則。■確実に売れる主役商品だけではなく、売れ筋ではない脇役商品を豊富に揃えることが女性客の心を掴むという。■靴下業界は各社とも社会貢献をうたっています。
■関連WEB:チュチュアンナ ■関連WEB:ハラダ㈱の靴下、 ■関連WEB:㈱キタイ

|

« 平城遷都1300年祭、平城京跡へ | トップページ | アジア回帰の日本と世界進出の中国 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。