« 商店街は、どうしたら地域再生の拠点となりえるだろうか | トップページ | 地震が起こる前に備えを万全にしておきたいものです »

2010年4月16日 (金)

「ダントツ商品」を出すコマツ大阪工場を見学しました

S20100416_1 コマツ大阪工場を見学しました。日本品質管理学会関西支部第348回事業所見学会。
▼13.30:会社概要。大阪工場のTQM活動、KOMTRAXを活用した燃費評価方法の確立
▼14.30:工場案内:組み立てライン(大型建機、油圧ショベル組み立てライン)
▼15.30:質疑応答
■KOMTRAXは、コマツが独自開発した、GPS(全地球測位システム)および移動体通信などのITを活用した建設機械車両の稼働管理システムです。■車両の位置や稼働時間などの情報を、顧客の資産管理やコマツの販売サービス活動に役立てるというものから大きく発展し、現在では省燃費運転支援や保守費用の低減など、顧客の経済性に寄与するばかりでなく、コマツによる需要予測や生産・在庫計画立案など経営判断の貴重な情報収集手段にもなっている。■「300%品質保証体制」は①組立工によるセルフチェック、②再チェック、③検査工によるチェックの3回のチェックを実施している。チェックシートにも現物にチェックしたサインペンと同じサインペンで記録している。
■関連WEB:コマツ
■関連WEB:コマツの建機遠隔管理システム「KOMTRAX」の詳細を解説している記事
■関連WEB:中国事業の展開[PDF] RIIM WORKING PAPER SERIES No

|

« 商店街は、どうしたら地域再生の拠点となりえるだろうか | トップページ | 地震が起こる前に備えを万全にしておきたいものです »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。