« アジアの首都・上海、万博の開幕まであとわずか | トップページ | 平城遷都1300年祭、平城京跡へ »

2010年4月23日 (金)

ネットがつくるリアル『共感消費』ビジネスモデルに商機あり

20100423 WEDGE 5月号の特集は「ネットがつくるリアル『共感消費』に商機あり」です。■住宅、金融、生命保険といったこれまで「顔の見える営業」が当然とされてきたビジネスにおいても、進化したネットビジネスが、リアルな「営業」よりも深い「つながり」や「共感」を追い求める取り組みを始めている。モノが売れない時代。成熟社会の商機は、「共感」をいかに上手につくり出すかにある。
■WEDGE OPINION.1
税金投入へ逆回転した道路政策 偽りの民営化の再改革を
■WEDGE OPINION.2
東アジア共同体構想 どれだけ非現実的かを証明しよう
■WEDGE OPINION.4
万博よりも住宅難 上海市民の不満は中国経済の凶兆
■人にやさしい技術 by 武末高裕
世界企業が認定 ボルト屋が造る炭素入り塗料
■興味深い記事満載です。■午前は西成区の企業、午後は中央区の企業、いずれもISO14001のお手伝いでした。

|

« アジアの首都・上海、万博の開幕まであとわずか | トップページ | 平城遷都1300年祭、平城京跡へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。