« 東南アジアはなぜ発展するのか | トップページ | 中小企業経営実践の道しるべ »

2010年4月20日 (火)

「藻」から石油を作る

大阪商工会議所での香港・中国セミナー「中国経済の課題と現状」を受講しました。講師はエコノミストの関志雄氏(野村資本市場研究所シニアフェロー)でした。
■NHKのクローズアップ現代は「藻」から石油を作る。藻エネルギー研究を続ける筑波大大学院の渡邉信教授によれば、「藻類を使ってエネルギー開発すれば、石油を採る時代から石油をつくる時代になっていく。日本が産油国になることは十分可能」だという。■官民が一体となって取り組む米国に対し、日本では、大学と民間企業による「藻」の実用化プロジェクトが、先月、ようやく立ち上がった。

|

« 東南アジアはなぜ発展するのか | トップページ | 中小企業経営実践の道しるべ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。