« 一隅を照らす人になる | トップページ | 残された時間と人類の課題  私たちは今なにをすべきか »

2010年5月25日 (火)

上海万博で活躍する日本企業の技

S20100525 ISO14001のコンサルティング。是正処置報告書の運用で「なぜ?なぜ?」を5回繰り返すことで、社内の意識が変わってきた■なぜ、社員10人でも分り合えないのか?コミーに学ぶ「超コミュニケーション術」を紹介した。■日経ビジネス5.24号は「こうすれば世界一、2位は儲からず、3位は赤字」「リーダー育成に悩めるGE」■週刊ダイヤモンド5.29号は「ユニクロ、柳井正、野望と死角、世界ナンバーワン構想に潜む『落とし穴』」■日経PC21の7月号は「USBメモリーは3年でダメになる?! HDDは5年、DVDは20年で寿命!」、長持ちするデータ保存術、大公開!です。■ガイアの夜明けは中国・上海で開かれている万博の仕事を請け負った日本企業2社の紹介。■受注競争で圧勝していた日本の驚き技術、テントメーカー「太陽工業」です。■イタリア館、サウジアラビア館、大阪館など5つのパビリオンの業務を受注したコンペンション運営会社「コングレ」は、接客を行う現地アテンダントの意識改革に挑む。ダメ接客を徹底改革。

|

« 一隅を照らす人になる | トップページ | 残された時間と人類の課題  私たちは今なにをすべきか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。