« バイオミミクリー(生物からの模倣) | トップページ | 企業経営とは社員の幸せを実現する活動 »

2010年5月31日 (月)

人と人との絆を大切にする

京セラのアメーバ経営では、「時間当たり採算制度」によって採算を管理している。京セラの経営理念は「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献する」である。このように会社の存在意義を明らかにすることで、従業員と会社の一体感が生まれ、それが全員参加経営の基盤となっている。■北欧企業から学ぶことは「人と人との絆を大切にすること」ではないだろうか。■コミュニケーションスタイルを少し変えよう!
■日経ビジネス5.31号の特集は「iPad上陸、ジョブズが迫る破壊と創造」。■『ニューズウィーク日本版』6.2号は「iPad、究極のメディア端末か、思考を奪う浪費の道具か」■週刊東洋経済6.5号の特集は「世界経済大乱、危機の第2幕が上がったのか?」。■AERA6.7号の特集は「人に投資で増収増益、ニトリ、ユニ・チャーム、ノバレーゼ」。■週刊エコノミスト6.8号は「資源動乱、鉱物資源:囲い込み、価格吊り上げ、権益奪取。食料:爆食中国、買い負け、農地・水争奪」■日経トップリーダー6月号は「異常に素直な経営」「社員が進んでムダを取る、できる経営者の話し方」■WEDGE6月号は「瀕死の救急医療『見える化』を」「中国の資源漁りで広がる新植民地主義」■トップポイントの6月号は「中国黒洞が世界をのみ込む」「上司が無能で部下がバカなのには理由がある」「プレイングマネジャーの教科書、結果を出すためのビジネス・コミュニケーション58の具体策」「アメーバ経営」など有益な情報が満載です。■ 5月も今日で終り。午後はゴム加工業のISO9001のコンサルティング。■今日の歩数は10281歩。

|

« バイオミミクリー(生物からの模倣) | トップページ | 企業経営とは社員の幸せを実現する活動 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。