« 企業の「環境問題」と環境生産論 | トップページ | バイオミミクリー(生物からの模倣) »

2010年5月29日 (土)

地球のリフォーム、ジオエンジニアリング

S20100529  環境経営学会の創立10周年記念研究報告大会第2日目は学会会長 山本 良一先生、学会名誉会長 西澤 潤一先生の話に続いて基調講演は東京大学名誉教授 宇沢 弘文さんの「社会的共通資本とはなにか」でした。                  

■基調講演「社会的共通資本とはなにか」
■環境経営シンポジウム
■カーボン・イノベーション格付
■地球のリフォーム - エンジニアによる平和のための戦い??
■動き出した地球のリフォーム
■環境アイランドGreenFloat-植物質な未来都市構想
■惑星テラフォーミングの視点から見た地球のリフォーミング
■宇宙農業は地球をエンジニアリングするテストベッドとなる
■地球のリフォームはどこまで許されるか
■生物機能の活用 - バイオジオエンジニアリングの薦め
■環境問題と科学者
■ジオエンジニアリング - 国民的な議論に向けて
■懇親会(18.00からコンペンションホール・ホワイエにて)
■人間社会の温暖化への対応がまったく不調であることを背景に、ここ数年、工学的な手法で地球システムの熱収支に直接介入しようという動きが盛んになっている。この動きはジオンジニアリングと呼ばれている。ジオンジニアリングには、我々が直面している問題の対処療法はあっても、根本的な治療を考える視点が欠けているのではないかと危惧され、リフォームという視点がそれを補ってくれるのではないかと考えられるから、地球のリフォームと呼ぶ。■最もジオエンジニアリング(気候工学、地球リフォーム)に関心を寄せているのは英国と米国である。S20100529_2

|

« 企業の「環境問題」と環境生産論 | トップページ | バイオミミクリー(生物からの模倣) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。