« 残された時間と人類の課題  私たちは今なにをすべきか | トップページ | 企業の「環境問題」と環境生産論 »

2010年5月27日 (木)

ヒューマンエラーを防ぐ

27日の第96回 中小企業診断士技術向上研究会は中山哲郎さんの発表で、テーマは「ヒューマンエラーを防ぐ」でした。■尼崎の脱線事故などにも触れながら、ヒューマンエラーの考え方について解説、実践例に基づいてヒューマンエラーの防止策、FTAによる原因分析などについて発表された。■5Sでエラーは防げるか?  5Sの本質は異常の顕在化、エラーを犯さない風土づくり。■ネジの締め忘れ対策事例では、トルク履歴が残るトルクレンチ使用など。   

|

« 残された時間と人類の課題  私たちは今なにをすべきか | トップページ | 企業の「環境問題」と環境生産論 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。