« 「ジュゴンと米国議会が動かす」普天間問題 | トップページ | 強い組織づくり »

2010年7月 5日 (月)

栗の実

S20100706_2 ニューズウィーク日本版』の7月7日号の特集は「中国後の世界」です。■頻発する労働者のストは経済成熟の証し。■人民元切り上げ(6月21日から実施)も再開され、間もなく中国の成長は鈍化する。■世界経済の構図はどう変わるのか ■製造業はより人件費が安価なアジア諸国やアフリカへ拠点移設を進めるだろう。■ISO9001・14001統合のコンサルでした。■訪問した会社で、栗の実を見つけました。

|

« 「ジュゴンと米国議会が動かす」普天間問題 | トップページ | 強い組織づくり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。