« アフターサービスの充実 | トップページ | 社長のおもい »

2010年7月27日 (火)

韓国の中小企業

9月に大阪の姉妹都市の釜山を訪れます。2010年の経済成長率をこれまでの5.2%から5.9%へと上方修正した。■週刊東洋経済7.31号は「知られざる韓国の実力、 その強さと脆さ」を特集しています。■韓国の人口は 4,888万人(2010年2月現在)
■ウォン安だけではない、韓国躍進の本当の理由、機敏な経済政策
■「IT大国」韓国を支える中小ベンチャー
■日本の先を行く!「女性の社会進出」
■ 韓流企業経営!サムスン、LG、現代自動車
■過酷な受験戦争と就職難の「モーレツ若者社会」
■家計簿から見たソウル市民3家族の生活
■ipadに韓国企業の部品が多用されている半面、日本企業製の部品がほとんどない。■韓国では、中小企業政策がグローバル競争力強化の面から推進されていると同時に、零細層の「小商工人」に対する社会的セーフティネット政策も強化され、「強小企業」が育っている。■「強小企業」は際立った技術をもち、小さな領域ながら世界市場で大きなシエアをもつ会社を指す(日経7.26)。■日経夕刊によると「日本の百貨店が連携し、効率経営で知られる韓国の百貨店の経営手法を学ぶ「調査団」を8月にソウルに派遣する。韓国の各社の幹部から直接、人件費を抑えた運営方法、投資戦略、販促方法について講義を受け、議論する。■日本の百貨店各社の営業利益率(2009年度)は1~2%程度だが、調査団が訪れる韓国の3社は10%前後、韓国の百貨店は少ない社員で売り場を運営するなど人件費を抑えているのが特徴」■過去のメールを「アウトルック・エクスプレス」から「Gメール」への引越しを準備していたら、ヤフーがグーグルと検索・広告で業務提携すると発表した。

|

« アフターサービスの充実 | トップページ | 社長のおもい »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。