« 韓国の中小企業 | トップページ | 豆腐製造業の生産・在庫の改善 »

2010年7月28日 (水)

社長のおもい

18時30分から大阪産業創造館でのナレッジセミナー『 即実践 !! できるトップのすぐ効く!しかけ 』を受講した。■講師は トーマツイノベーション株式会社の白潟敏朗社長。難しい言葉を使わずに、とてもわかりやすくお話をされた。■「社長のおもいはなぜ全社員に伝わらないのか?」を出席者が解答用紙に書いた後、隣の席の人にご自分の解答を説明しあう。■今日のテーマは「社員が私と同じおもいを持ってくれれば、もっともっと会社が成長するのに・・・。」とお悩みの経営者のためのセミナーで、「社長のおもいをシンプルに社内に浸透させる方法」を勉強する内容で進められた。■「社長のおもいはなぜ全社員に伝わらないのか?」■「そもそも人は忘れる」→エビングハウスの忘却曲線を説明された。■社長の話を聞いて、1時間後に6割が忘れる。1か月後には5人に1人しか覚えていない。■松下幸之助氏は考えを社員に浸透させるためには①燃えるおもいで訴える。②繰り返し訴える。③なぜ訴えるのかを説明する。■即実践!! シンプルなしかけ。S20100728_1 ■昼間のコンサルティングはISO14001。2年前からお手伝いしていますが、全社員がやめた。■最近、6月10日に女性1人、7月10日に男子1名が入社したので、ISO教育を担当した。■昼間の企業は社長のコミュニケーション不足も社員が定着しない原因の一つですね。

|

« 韓国の中小企業 | トップページ | 豆腐製造業の生産・在庫の改善 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。