« サービス業における海外展開 | トップページ | 「子どもに教えなければならない大切なこと」 »

2010年7月31日 (土)

避難所見学ワークショップ、府立大手前高校

S20100730 昨日30日 (金)午後6時から地域の収容避難所で防災倉庫がある大手前高校の見学ワークショップを行ないました。いざというときの活動拠点を確認できて良かった。■中大江校区の上町断層帯地震の被害予想は、揺れている時間は数十秒と短いが、揺れが激しい。中央区の想定震度は6強~7。■早朝ならば死者数:46名、昼夕ならば死者数:194~260名。■中大江校区の夜間人口:9583名、昼間人口:101839名(人口の10.6倍)。■これまで中大江小学校を拠点とする自主 S20100730_1 防災活動が行なわれています。■私たちのマンションも自主防災組織をつくるべきである。災害時要援護者の支援対策を考えよう。図上訓練でまちをしること。地域防災マップをつくろう。防災訓練をしよう。
■関連WEB:大阪を痛撃する上町断層地震の発生確率
■関連WEB:ブログ「防災の日」
■関連WEB:ブログ上町断層
■関連WEB:ブログ「“活断層大地震”の脅威 ~」
■関連WEB:大阪市危機管理室
■関連WEB:大阪市危機管理室「市民防災マニュアル(平成20年1月発行)」   
■関連WEB:大阪市危機管理室「危機事態発生時対応フロー図
■関連WEB:東大阪市「地震被害の想定
■関連WEB:北大江地区まちづくり実行委員会
■関連WEB:大阪府立大手前高等学校
■関連WEB:中大江小学校

|

« サービス業における海外展開 | トップページ | 「子どもに教えなければならない大切なこと」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。