« 台湾の自転車産業の課題は | トップページ | 世界四大博物館の一つの故宮博物院へ »

2010年8月28日 (土)

2010年工業経営研究学会国際大会

S2010082811 2010年工業経営研究学会国際大会は「アジアのものづくり経営と日台協働というテーマで、日本を本拠地としている
工業経営研究学会の会員を核にし、台湾や日本からの当日会員を加え、台湾台中市、東海大学キャンパスで開催された。
■特別記念講演
「FFGのチャレンジ:中国への市場戦略と台日提携」友嘉實業團総経理・陳向榮氏
■自由論題(午前)
・「グローバル化のもとでの奈良県靴下産地の構造変化と企業戦略」
・「サステナブルな『工業経営』の環境経営」
・「伝統産業ものづくり経営の革新的継承~川島織物セルコンを例として~」
・「台湾工作機械産業における生産システム革新~リーディング企業の事例研究~」
■自由論題(午後)
・「新時代における日本型および台湾型経営グローバル化モデル」
・「中国の日系製造企業における管理職間コミュS20100828ニケーションに関する研究」
・「M-O型製品ビジネスにおけるプロダクト・マネージャーの製品開発統合力」
■統一論題
・「ASEANの市場合一化と企業内分業~日系中小企業の多国籍化と日台パートナーシップ」
・「裕隆汽車の自主ブランド化と日産自動車の技術支援」
・「台日企業間協働の発展:分業から共創ネットワーク」
■懇親会は日本側103人、台湾側114人が丸テーブルを囲んで、親しく和やかに語り合S20100828_58った。■フィナーレは星影のワルツを合唱してお開きとなった。すばらしい大会でした。
 

|

« 台湾の自転車産業の課題は | トップページ | 世界四大博物館の一つの故宮博物院へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。