« 言葉の花束「負けない技術」 | トップページ | 新興国への工場移転 »

2010年8月 9日 (月)

現場主義で成長するエステー

今夜のカンブリア宮殿のゲストは「消臭ポット」の「エステー」の鈴木喬社長でした。■エステーは脱臭剤「脱臭炭」、防虫剤「ムシューダ」、消臭芳香剤「消臭力」など独創的なヒット商品を生み出してきた日用雑貨メーカー。■年商435億円。従業員およそ600名と日用雑貨を扱うメーカーではの中堅規模ながら、『防虫剤』、『除湿剤』、『脱臭剤』においては、国内シェアNo1。■社長は顧客の声を聞くことが大切だと、常にスーパーでは陳列されるスタッフや買い物をされている顧客に気軽に声をかけたり、消費者の家庭を訪問され生の声、要望などを聞かれるなど「現場主義」を自ら貫いておられる場面を紹介していた。■昨年8月2日の「がっちりマンデー!」でも「エステー」さんを紹介していました。
■関連WEB:エステー
■関連WEB:カンブリア宮殿
■関連WEB:ブログ「大手の真似できない商品」2009年8月2日

|

« 言葉の花束「負けない技術」 | トップページ | 新興国への工場移転 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。