« 今、企業が飛躍するために何が必要か! | トップページ | 「経営」という視点から役立つISO内部監査 »

2010年8月 6日 (金)

ヒューマンエラーを防ぐためには?

6日は65回目の「原爆の日」、米国のルース駐日大使のほか、英仏の臨時代理大使や国連の藩基文事務総長が初めて出席した。ルース大使は在日大使館を通じ、「未来の世代のために、私たちは核兵器のない世界の実現を目指し、今後も協力していかなければならない」とコメントを発表した。■明日は立秋。仙台は七夕まつり。北海道の北見が20100806 37.1℃、鳥取が38℃超えたとか、猛暑の一日でした。■慶應義塾機関誌「三田評論」2010年8・9月合併号は「ヒューマンエラーを考える」を特集しています。■組織としてヒューマンエラーを如何に最小にするか日々努力されている労働安全、輸送安全、医療安全という三つの分野の専門家に、様々な工夫、教育システムといったマネジメントのあり方について紹介しています。■札幌市交通局における「ヒューマンエラー・マネジメント」の取組みも参考になりました。
■関連WEB:「三田評論」2010年8・9月合併号                          ■関連WEB:ブログ「ヒューマンエラーを防ぐ」2010.5.27
■日経エコロジー9月号の特集は「それでも日本は成長できる、正念場のCO2、25%削減」です。
■日経ビジネス8.9-16合併号の特集は「スーパー最終戦争、ウオルマート急襲、迎え撃つ日本勢」です。

|

« 今、企業が飛躍するために何が必要か! | トップページ | 「経営」という視点から役立つISO内部監査 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。