« 現場主義で成長するエステー | トップページ | 日本の財政の持続可能性がさらに遠のく »

2010年8月10日 (火)

新興国への工場移転

10年前の受講者が事務所に立ち寄ってくださった。2000年(平成12年)1月20--27日に摂津のポリテクセンター関西(雇用・能力開発機構)で生産管理・品質管理の講義を7日間にわたり担当した時に受講された方です。■その後、仕事をしながら近畿大学短期大学の経営学部でも学ばれた努力家です。■相手のニーズに応える営業態度はどの業界でお仕事されても喜ばれますね。すばらしい方です。■医療業界、病院の人事管理、看護師の定着化対策など興味深いお話をお聞きした。病院経営では患者さん対策よりもスタッフの確保が重要課題だそうです。■午後は東大阪の製造業でISO14001の内部監査研修を担当した。パナソニックほか大手製造業が国内から新興国への工場移転が急ピッチで進んでいるようです。海外へ進出できない中小零細企業の経営はこれから大変ですね。
■関連WEB:雇用・能力開発機構大阪センター
■関連WEB:株式会社テンユー
■関連WEB:日本透析学会
■関連WEB:パナソニックエナージ社
■関連WEB:パナソニックホームアプライアンス社

|

« 現場主義で成長するエステー | トップページ | 日本の財政の持続可能性がさらに遠のく »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。