« あなたの会社の魅力を発信しませんか! | トップページ | フレッツ光不通の原因は「くまぜみ」 »

2010年8月13日 (金)

整理術「3S処分ルール」

S2010081419m 雑誌、本、資料は保存することが目的ではない。■情報が多くなると、床や机の上に重ねられていく。■情報源は必要なときにサッと取り出せる環境をつくりたい。■12日に70CM、13日に192CMを処分した。■雑誌で残しておきたいページ、88文書をPDFにした。■さらに、15日には本160冊を捨てます。
■3Sで有名な山田製作所の処分ルールは次のようになっている。
■定位置・定量・定方向・表示・標識の5項目。
■「生品」(すぐ必要)、
「休品」(5日以内に必要)、
「長休品」(6ヵ月以内に必要)、
「死品」(6ヵ月を超えて使用しなかった)の4つに区別。
■「死品」は例外なく処分している。捨てる勇気が重要です。
■関連WEB:山田製作所の3S活動

|

« あなたの会社の魅力を発信しませんか! | トップページ | フレッツ光不通の原因は「くまぜみ」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。