« ヒューマンエラーを防ぐためには? | トップページ | 言葉の花束「負けない技術」 »

2010年8月 7日 (土)

「経営」という視点から役立つISO内部監査

S20100807dsc 内部監査で経営の運営に役立っている例は少ないだろう。ISOの内部監査を効果的に実践するのには工夫がいる。■今日、勉強会でお手伝いした企業では毎月安全パトロールを実施され適切な指摘を出されている。奇数月は内部の社員だけで、偶数月はマンネリにならないように協力会社の方も参加されパトロールを実施されています。この安全パトロール制度をISO9001の内部監査の役割の一部として確認事項を追加する。もう一つは毎月社長以下幹部社員が参加するリーダー会議の一部を内部監査として捉えるように変えられつつあります。リーS20100807 ダー会議は各部の目標の進捗を中心とする経営課題を検討する会議です。■いまやっている経営活動とISOをできるだけ融合して一体化することが大切ですね。■12月模擬審査、一次審査を1月、二次審査を2月に受審することになった。■アイソス9月号は特集でISOマネジメントシステムについて、「経営」という視点から役立つ方法について紹介しています。..
■関連WEB:ムーディー・インターナショナル・サーティフィケーション
■関連WEB:BSIジャパン
■関連WEB:アイソス9月号

|

« ヒューマンエラーを防ぐためには? | トップページ | 言葉の花束「負けない技術」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。