« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月30日 (木)

IFRS先行事例の研究

S20100930_1 第99回 中小企業診断士技術向上研究会は村上謙治氏のIFRSへの対応の第2弾として「IFRS先行事例の研究」の発表でした。■IFRS(国際会計基準)への対応を中国、韓国は2011年から、日本は2014年からと日本の国際対応が大幅に遅れている。■決算書に対する考え方が大きく違う。日本は「今期にいくら儲けたか」の算定に力点があるが、IFRSは「期末にどれだけの資産があるか」を重視する。M&Aをする際の資産査定的な色彩が強く、経営努力や直接関係しない市場動向に業績が影響される懸念がある。IFRSは日本のモノづくりへどう影響を与えるか■IFRSが日本の企業文化や経営にどんな影響を与えるか?■グローバル企業はIFRS、国内中心企業や中小企業はどうなるか?■経済のグローバル競争が激化するなかで、日本のモノづくり力が低下している。日本の強みは「サービス」だといわれる。
■本日のレジュメ
▼国際会計基準の先行事例
1)前回の復習
2)先行企業の事例
2-1)欧州企業の対応
2-2)日本電波工業事例
▼国際会計基準への対応について
1)百貨店の改革の動き
2)「見積り」会計の影響
3)投資効率の分析
4)日本企業と欧米企業の対応の違い
S20100930

| | コメント (0)

2010年9月29日 (水)

大阪圏の発展と今後の予測

S20100929 「大阪圏の発展と今後の予測」の講演を聴講した。主催は大商サービス産業部会、講師は社団法人大阪土地協会理事・相談役の武村泰太郎氏。■近畿2府4県が21日発表した基準地価は2年連続で下落した
■講演の内容は下記であった。
▼1)プロローグ、高齢化対策
▼2)大阪の町づくりの歴史
▼3)戦前・戦後の大阪市の都市計画と人 口の動態
▼4)戦後最も土地・経済が活性化し安定した頃
▼5)大阪府の人口動態と地価(医療文化等)
▼6)都市計画から見た大阪の発展
▼7)地方都市の実態
▼8)大阪の将来
▼9)2050年の大阪
■仕事をする場所を探すならば、元気な都市が条件だ。■地域の都市計画を把握し、どこから始めるかをつかむことが大切である。■大阪駅北側「北ヤード地区」は13年に完成する予定だ。■もっとお話を聴きたかった。■講師とは2006年6月バルト海クルーズで13日間ご一緒しました。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

次のサムスンはどこだ

日経ビジネス9.27号は、韓国のポップグループ「少女時代」の美女たちが表紙を飾っている。■「次のサムスンはどこだ~知られざる韓国急成長企業~」を特集
■韓国には、次なるスター候補が続々誕生している。
▼成長戦略(1)一点集中
■韓国には500社近いLED照明メーカーがひしめき合っているという。■ファウテクノロジーはLED照明で、韓国軍が採用する小型電球からサーチライトまで対応できる。■もう1社は世界の白色市場で第3位のソウル半導体である。
▼成長戦略(2)新市場創造
■韓国映画全体の4割配給するCJ
■EV(電気自動車)量産で世界一のCT&T。
▼成長戦略(3)現地現在
■自国の市場規模がそれほど大きくはない韓国企業は、現地に根付き現在することで、地元の顧客に溶け込む。自分たちのブランド力を過信せず、常に顧客目線を意識した行動で、グロ-バ競争に勝ち抜こうとしている。■韓国の大手IT企業のNHNは検索サイトのネイバーで大きな市場シエアを獲得している。あのライブドアを4月に買収している。■韓国で米ウオルマートを駆逐した総合スーパーのイーマートは中国で26店を展開。■現地に根付かなくては、有用な情報を得られない。サムスン電子のような大企業が世界各国に「地域専門家」を置き、徹底してその国の文化を学び、必要な情報や分析にいそしむ。待ちの姿勢では、激しい開発競争に勝てないことをしているからだ(p.32)■世界各国で現地化できるためには英語などの外国語の能力も必須である。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

大企業出身者が中小企業オーナーとうまく付き合う心得

今日発売された「週刊東洋経済2010.10.2」に大企業出身者が中小企業オーナーとうまく付き合う心得を見つけた。■「中小企業にはワンマン社長が多く、社長との直接的なかかわりが重要になります」■東京しごとセンターは人手不足の中小企業と大企業出身者をつなぐ、「中小企業向けエキスパート人材開発プログラム」を実施している。■同プログラムではその心得を次のように伝授する。
■どうしたら中小企業オーナーとうまく付き合えるか。
▼①大企業出身者でも上から目線はダメ。
オーナーには人の意見を聞かない人など、さまざまなタイプがいる。その事実を受け止めたうえで付き合う。
▼②大企業の常識が非常識になりうる。
たとえば大企業では情報はオープンで共有化できる体制がよしとされるが、同族経営の中小企業では情報は管理され、オープンにされない傾向がある。
▼③一人で何役もこなす。
大企業では自分の専門だけやればいいが、中小ではすべてを要求される。また仕事を自ら見つけていく主体性も求められる。(週刊東洋経済2010.10.2p.74)
■長く働くために40~50歳から行うべき準備は何か。転職サイト「DODA」の美濃啓貴編集長に聞いた。
▼1)熱を持って仕事をすること。
▼2)常に情報感度を高め、新しいことに興味を持つこと。顧客ターゲットから離れすぎないよう、流行に敏感になる姿勢も必要だ。
▼3)座右の銘をもつこと。「成功する人は自分なりの基準や信念を持ち、一慣性がある。年に一度、考えを整理して言語化してみるといい。蓄積から得られる知見、知恵は若い人にはない強力な武器になる」(週刊東洋経済2010.10.2p.76)

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

iPadの10の感動

日経PC21の11月号では特集2として「iPad最初の一歩」5分でわかる!設定と魅力を取り上げています(p71--83)。
■これがiPadの10の感動だ!
1)液晶がきれいで視野角が広い!
2)すべての操作は液晶ディスプレイを指で!
3)バッテリーが10時間持つ!
4)素早く起動する!(本体は20秒)
5)画面を簡単に拡大でき文字もきれい!
6)自動でタテ画面、ヨコ画面に!
7)基本アプリだけでも十分楽しい!
8)マニュアルを読まなくても使える!
9)ネットブック並みの価格!
10)iPadだけでどこでもインターネットにつながる!
■iPad関連の参考書は下記です。
1)日経ビジネス「ビジネスiPad、仕事で使える、会社で使える」
2)「iPadパーフェクトガイド」ASCII
3)「iPadを仕事でどう使うか?」洋泉社
4)深川岳志「iPadすいすい仕事術」
5)山崎潤一郎「iPad仕事活用術」
6)「EVERNOTE、パソコン、iPhone、Androidで使える、紙を超えたデジタル・ノート活用術」

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

運動会

S20100925 25日(土)は奈良の富雄小学校の運動会。孫はもう5年生です。■秋らしい暑くない好天に恵まれた運動会日和。■今年は双子の妹も応援に加わり、賑やかな昼食でした。■今日の歩数は10660歩です。
■関連WEB:2009年9月19日 (土)運動会
■関連WEB:2008年9月21日 (日)運動会
■関連WEB:2007年9月22日 (土)秋の運動会
S20100925_49 ■関連WEB:2006年9月23日 (土)運動会

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

有栖川宮旧邸

20100924 ザ・パレスサイドホテルの朝食は1Fのカフェレストラン「フェルマータ」で、すべて欧米の人たちばかり。■欧州へ来たような錯覚を感じた。■7:00から10:00まで、京都の中心「京都御所」が目の前に広がり、御所の緑を眺めながら落ち着いた時間を過ごせた■若い子ども連れの10人くいらいの家族はフランスから来たという。■遅めの夏のバカンスなのでしょうか?■日本、京都の旅を楽しんでいる人で賑わっていた■とても家族的なアットホームなホテルでした。■桑蓬会300回例会の会場候補となっています。
■関連WEB:ザ・パレスサイドホテル
S20100924_1 ■朝食のあと、京都御苑、平安女学院大学有栖館-有栖川宮旧邸、京都国際マンガミュージアムなど京の秋を楽しんだ。■京都御苑は、江戸時代二百もの宮家や公家の邸宅が立ち並ぶ町。■明治になって都が東京に移り、公園として整備され市民へ開放され、現在苑内には百年を越える樹林が育ち、旧公家屋敷跡や庭園等歴史的遺構が点在し、古都の中心で特別な空間となっています。
■関連WEB:京都御所
■関連WEB:京都御苑
■ザ・パレスサイドホテルの部屋から見えていた隣の立派な屋敷は有栖川宮旧邸です。9月30日まで公開中で、早速見学させていただいた。■有栖川宮家は、「四親王家」と呼ばれた宮家の一つ。明治時代に東京へ移り住まれた後、京都御所建礼門前に建てられていた邸は京都裁判所の仮庁舎等として使用され、明治24年にその一部が現在地に移された。■現在は平安女学院大学「有栖館」として受け継がれています。■書院造の建物は、幕末から大正時代にかけての宮邸のおもかげを今に伝えています。11代小川治兵衞氏作庭の白砂と緑の鮮やかな庭園もみどころです。
■関連WEB:平安女学院大学有栖館-有栖川宮旧邸-
■関連WEB:京都国際マンガミュージアム

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

感情を表す、感情を読み取る

S20100923 人間関係が希薄になったといわれる現代社会で、「感情表現」や「コミュニケーション」は人との結びつきにどのような役割をはたしているか。■13時からの同志社大学心理学部開設記念シンポジウム2010「感情を表す、感情を読み取る~人と人とを結ぶ心理学~」を聴講した。■基調講演の京都大学名誉教授・久保田競氏は「感情と脳、感情がどこで起こるかということの解明が石器時代を出たところだ」と話された。■前頭前野が大切な働きをしている。顔の表情や声の様子から、人の気持ちを推測する働きもある。身体を動かす力、やる気、集中力、音楽や絵画など、素晴らしい芸術作品を作りだす力、それらは前頭前野を使っている。ジョギングすると前頭前野がよくなる。
■第2部はパネルディスカッション、「昨今の日本社会において、感情表現やコミュニケーションについて、日頃どのようなことをお考えですか」■「豊な感情」を育てる。相手をいかに理解するか。周囲や相手に気づく、気遣うことが大切。二人称から三人称へのコミュニケーション力が課題である。
■夕食はがんこ高瀬川二条苑(元勲山縣有朋の別邸)、京都御所に隣接したザ・パレスサイドホテルに宿泊する。■本日の歩数は14083歩。

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

月末月初のセミナー参加予定

来週は10月。月末月初のセミナー参加予定は下記です。予定はグーグルカレンダーとエクセルに入力し管理しています。
■9月29日(水)14.00~大商講演「大阪圏の発展と今後の予測」:社団法人大阪土地盤会理事・相談役武村秦太郎氏
■9月30日(木)18.40~中小企業診断士技術向上研究会・発表「IFRS先行事例の研究」村上謙治氏
■10月3日(日)13.30~追手門学院両中・高創立60周年記念連続講演会「人の在りようは心から」元内閣官房長官・野中広務氏 
■10月4日(月)18.30~京大公開講座「書物とWEBメディア論」.

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

「すき家」の生産性向上努力

中央区谷町筋四丁目から天満橋の間にすき家、吉野家、松屋が競っている。■吉野家とすき家の動きが前々から気になっていたS20100920_2 。■牛丼戦争、吉野家は9月7日から新商品「牛鍋丼」を280円、すき家は牛丼280円■9月24日から10月4日まで、すき家は牛丼(並)250円へ。■松屋フーズも期間限定対応で、低価格競争が続くことになる。■今回の日経ビジネス9月20日号「外食日本一 ゼンショー、280円で仕掛ける“メガ盛り生産性革命” 」を読んで、すき家の勢いを納得した。■牛丼チェーン「すき家」を引っ提げ、外食産業の首位に躍り出そうなのがゼンショーだ。しかし、その躍進ぶりに比して、経営実態にはこれまでほとんど光が当たってこなかった。吉野家を突き放し、マクドナルドを抜かんとする注目企業の知られざる実S20100926_2像に肉薄した。
■規範が担う最強現場
■ヒト生産性で極限に挑む
■本社 「1秒2歩以上」で歩く社員
■店舗 分単位でクルーを管理
■工場 ロボットを超える人海戦術
■トヨタを凌ぐ生産性を維持
■危機の芽を殲滅せよ
■「臆病」な経営
■牛丼に連なる運命
■革命家の見果てぬ夢(日経ビジネスより)

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

平城遷都1300年祭

S20100920_4 彼岸入りの20日、早朝7.50に奈良のお墓参りを済ませた。■平城遷都1300年祭の会場を訪れ、9時から朱雀門の儀式を見学した。■午後は大阪市立中央図書館へ出かけた。■65歳以上は2944万人で、人口に占める割合は23.1%となり、人口、割合とも過去最多となった。■80歳人口は826万人。100歳人口は44,449人になった。S20100920_8 ■今日の歩数は17,521歩でした。

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

九月大歌舞伎 訪欧凱旋公演

S20100919_2 午後4時15分から京都南座の「九月大歌舞伎 訪欧凱旋公演」夜の部を鑑賞した。イヤホンガイドの解説を聞きながら、運良く2列20番と舞台が良く見える良い席でラッキー。
■「通し狂言 義経千本桜」
市川海老蔵 忠信・知盛・権太三役相勤め申し候
■四幕「木の実・小金吾討死」
■五幕「すし屋」
■大詰「川連法眼館」「蔵王堂」
■海老蔵が“いがみの権太”と“佐藤忠信”、“源九郎狐”を勤めた。昼は“知盛”のS20100919_5 主役もこなした。■欧州で演じた「川連法眼館」に登場する忠信。海老蔵の狐忠信の身の軽さ、早替わりや宙乗りなどケレンの技など。■昼夜にわたって全力投球している海老蔵の芝居は見ごたえがあり、とてもすばらしかった。■御所、上市、下市、吉野、蔵王堂、高野山など近くの地名が出てきて親しみを感じた。
■関連WEB:歌舞伎美人(かぶきびと)

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

世界の携帯電話加入件数

米の調査会社アイサプライは世界の携帯電話加入件数が9月中に50億件に達するとの見通しを公表した。2014年には64億1千万件へとさらに増える見通し。(サンケイ夕刊より)■午前は大和高田市内でISO9001の内部監査の立会い指導。午後は香芝市内の製造業のISO9001の指導でした。■今日の歩数は9914歩。

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

統合コンサル

秋らしくなってきました。今日はISO品質+環境の統合コンサル、五条市内でした。■天満橋で90分のマッサージをしてもらった。■今日の歩数は5542歩でした。

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

「食の崩壊」と「農商工等連携認定の実際」

S20100916_8 桑蓬会第297回例会に参加した。スピカーはお二人。
1)“農商工等連携認定の実際” 丸萬中源 脇社長様
「コウノトリ育む農法」による米粉を用いた食品の開発(農商工等連携促進法第1回認定:H20.09) 地域のシンボルであるコウノトリの餌場となる水田を増やす「コウノトリ育む農法」により生産された米を      利用した食品を開発し、地域の名産品として新たな販路開拓を行う。
2)“食の崩壊”山川 雅広さん
 今のような食生活を続けると、やがて我が国の食は崩壊し、健全な心身が蝕まれます。 フランスの食育政策、五観の偈などS20100916_9 食生活の見直しを訴えられた。

■ご発表のあと、活発な質疑応答がありました。どちらも重要な問題です。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

言葉の花束「感動しないと脳は鈍る」

15日、財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「言葉の花束」をいただきました。■言葉の花束「2182010.9.15.doc」をダウンロード  してご覧ください。
☆ 感動しないと脳は鈍る―――林成之「脳に悪い7つの習慣」(幻冬舎新書)
☆ 脳の賢さは、「より良く生きること」に資するものでなくてはならない ――「偉人たちの脳」(茂木健一郎)毎日新聞社
■人の話を聞いたときや新しい知識に触れたときなどに、素直に「すごいな」と感動することは非常に大切です。■「感動する力」は、脳をレベルアップさせるのです。■感動というのは、何も特別、大それたことに対してでなくてもかまいません。■日常的な会話のなかでも、自分が知らないことが一つでもあれば「そうなんですか。すごいですね」「それはおもしろいな」などと気持ちを動かすことができるはずです。■ とはいえ、人と話しているときに「つまらないな」と話半分に聞くなど、情報に対して消極的でいては、感動はできません。以上は「☆ 感動しないと脳は鈍る」より。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

自社企画(ODM)商品を提案

香芝の靴下生産企業のISO9001の指導でした。■強化すべき機能は提案力・販売力、「自社企画ODM」商品を対象市場に・受注、販売。SPA業態など小売業への進出で消費者への自販力強化。■「OEM商品生産から、SPA型企業に転進」が課題です。■奈良県は日本一の靴下生産地 です。奈良県靴下工業協同組合の組合員数は209事業所。■平成20年度の靴下の全国生産量は46,772,214デカ、奈良県の生産量は15,617,014デカ。全国生産量の33.4%を奈良県で生産しています。■民主党代表選は菅氏が選ばれた。
■関連WEB:奈良県靴下工業協同組合( Nara Hoseiery Industry Cooperative Union)
■関連WEB:奈良県は日本一の靴下生産地
■関連WEB:靴下の役割・種類、かたちのいろいろ
■関連WEB:欧米と日本の靴下の違いは?
■関連WEB:幸運を呼ぶ11の靴下ジンクス
■関連WEB:最近のパンティストッキングについて
■関連WEB:組合員参加企業一覧
■関連WEB:馬見靴下事業協同組合
■関連WEB:2007年6月協同組合靴下屋共栄会(CSM/コスモ)からタビオ奈良株式会社に商号変更
■関連WEB:タビオ奈良株式会社の基本情報
■関連WEB:靴下専門店「タビオ」
■関連WEB:タビオ株式会社 企業情報
■関連WEB:タビオ株式会社 ビジョン
■関連WEB:タビオ株式会社 財務ハイライト(14719百万円、21年2月期)
■関連WEB:「靴下屋」などを展開するタビオが 東京ミッドタウンに期間限定店舗「Tabio」を出店
■関連WEB:「靴下屋」などを展開するタビオ、WEBサイトを全面リニューアル ~業界初、靴下のムービーカタログを制作~

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

パソコンも人間も夏ばて

パソコンを入院させた。メモリーの差し込み方がよくなかっただけ、異常ないと電話があった。■夏ばて状態です。昨日に続き、今日もマッサージのお世話になった。お陰さまで、ようやく背中、腕の凝りなどが回復しました。今日の歩数は4123歩でした。
■本日発売の週刊誌は下記です。
■日経ビジネス9.13号は「ソーシャルネット経済圏、人の絆が金を生む」の特集です。
■週刊東洋経済9.18号の特集は「非ネイティブの英語術、1500語だけで話せる」
■週刊ダイヤモンド9.18号は「壊れる大学、3つの視点で独自判定!危ない大学リスト30」
■AERA9.20号は「代表選『民主は失望売りだ』・『池上彰』人気の秘密」
■日経ビギナーズ10月号は「ビデオ・本・写真・音楽、正しい残し方」

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

思いやる心

20100912 初秋は名ばかり。追手門学院中・高校創立60周年記念連続講演会は2001年から文部科学大臣をされた遠山敦子氏が「思いやる心」と題して講演された。
■日本の心の変化が生き方を変えている。
1)お金の価値を要求する
2)自己中心になりすぎている
3)IT中心になりすぎている
■「思いやる心」とは「自分がされたら嫌なこと人にするな」である。■他者の苦しみを想像し理解することが大切。■「恕とは、自分が人からされたくないというような、嫌なことを、人に押しつけたりしないということ」
■トルコ大使を3年2ヶ月されたときのお話で、トルコは世界で一番の親日国で、国を愛する心が大変強い人たちが多い。■日本は美しい自然、四季の花、文化財、科学技術などすばらしい国だ。■日本の良さは「思いやる心」である。「思いやる心」で世界に存在することが重要です■物や情報があふれ、多彩な楽しみが持っている現代だが、人びとの心は何故か満たされていない。自己の欲求を追求するだけではなく、他者や自然や芸術に思いを寄せるとき、人は初めて生きる手応えを得ることができる。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

iPadを仕事でどう使うか?

iPadをどう使いこなすか? iPadの登場はビジネスを大きく変えようとしています■「iPadを仕事でどう使うか?」(洋泉社MOOK)や日経BPムック「ビジネスiPad」の2冊はとてもわかりやすい。■ノートパソコンの方が優れているではないか?■米国導入事例徹底リポート、企業と個人はここまで活用している!「ビジネス」P.38 ■iPadにはワイヤレスのキーボードを同時にそろえた方がよい。■iPadに200種類に上るカタログをすべて電子化し、それをiPadで利用できるようになったらどうなるか?■1年間に発行するカタログを積み上げたら、高さ140KM。それを一気に削減することも視野に入れた営業ツールとして開発中なのは住宅建材メーカーのトステム。「ビジネス」P.20より■ビジネスリーダーはiPadをこう使う!ガリバーインターナショナル許哲執行役員:「隙間時間」を徹底活用。「ビジネス」P.10より 

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

エネルギーマネジメントシステム『ISO50001』

ビューローベリタス主催 ISOコンサルタント向けセミナーに参加した。■ テーマは「エネルギーマネジメントシステム『ISO50001』の概要 」でした。
セミナー内容は下記でした。
■カーボン(リスク)マネジメントとは、必要性
1.法規制、排出量取引への対応
▼温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度(温対法)
▼東京都環境確保条例
▼国内における排出量取引関連のスキーム
2.財務リスクへの対応
▼製品製造コストの上昇
3.ステークホルダーに対する責任
▼企業の社会的評価にも影響
▼カーボンディスクロージャープロジェクト(CDP)
▼財務諸表への環境情報記載に向けた動き
▼カーボンマネジメントにおける評価の重要性
▼カーボンマネジメントにおけるリスクの種類
4. ビューローベリタスのカーボンリスク評価サービス
▼カーボンリスク評価サービスとは、
▼全体の流れ
▼デスクレビュー、現地レビュー
▼評価内容
(1)算定ルールの評価
(2)算定システムの評価
(3)算定結果の評価
5.エネルギーマネジメントシステム
▼エネルギーの現状
▼EnMSの起源と開発
▼EnMSとはどんなものか
▼EnMSと他の規格との互換性
▼ISO14001とEn16001(ISO50001)との関係

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

動き出すオフィスビルの省エネ

9日はISO14001の内部監査の実地指導でした。11月の第一次審査が近づいています。■夜はISO研究会で品質・環境・労働安全・個人情報保護の「4規格の統合マニュアル」の検討をした。■日経エコロジー10月号は特集:高まる企業の責任「COP10後の生物多様性」です。■今年4月施行の改正省エネ法の下で、初めての「エネルギー使用状況届書」の提出期限が7月末で、オフイスや店舗も省エネの改善に取組み始めた。10月号ではその様子をレポートしています。■事例として、モスフードサービス、ワタミ、三菱地所の取組事例が紹介されています(P.86~89)。.

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

他社にできない仕事を引き受ける

S20100908_1 午後、大阪勧業展で枚岡合金工具㈱のデジタルドルフィンズの操作の説明を受けた。
■14.30から東大阪商工会議所での中小企業振興月間記念講演会「成長戦略はこう描け!~独自路線にこそ未来がある~」を聴講した。■講師は東海バネ工業㈱代表取締役・渡辺良機氏■国内にバネメーカーは3000社ある。■「他社にできない仕事を引き受ける」をモットーに手作りによるバネの多品種少量生産を行う。ネットを利用した独自システムで超微量名注文に完全対応。高品質維持のため、独自資格S20100908_2制度を導入し、ITと職人を融合、設立以来67期連続で黒字を達成。■年間2万5000~3万の受注件数で平均受注ロット5個という多品種のオーダーメイドばねを製造しています。■納期厳守率99.97%で、年間約1000社の顧客に提供しています。これは、卓越した製造技能を持つばね職人と、多品種・微量生産体制の水準を究極にまでに高めた基幹システムに支えられています。■基幹システムにはすべての販売と生産技術の履歴データが蓄積されており、多品種・微量かつ不定期のリピートオーダーに難なく対応できています。■顧客からの信用度は非常に高く、リピート率は87%です。■近年はWebサイトや新システムの構築により、新規顧客開拓や業務効率の向上を図っています。■同社は2008年ポーター賞受賞。その受賞理由は「バネの少量受注生産に特化。匠とITの活用でお客様の求めるバネを欲しい時に1個から提供」が評価された。■「21世紀型職人」とは何かを追求しながら、ナレッジの共有・活用をさらに効果的に行える体制作りや、個人的な技能や経験のばらつきを補える仕掛けなどが今後の課題とされています。
■関連WEB:東海バネ工業㈱
■関連WEB:ポーター賞
■関連WEB:中小企業IT経営力大賞2009

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

日本から学びたいものは?

7日午後、中小企業診断士の若いYさんが訪ねてきた。■ISOの審査員資格取得のメリットと活かし方を訊かれた。■規格の要求事項を十分理解することが大切だ。
■ISOの特徴は、
1)ISOはまず経営者は方針を設定する。
2)方針を実現するための今年度の目標とその実施計画を決め実行する。
3)順調に進んでいるか進捗管理をする。
4)内部監査で実施して、社内の仕事の進め方の発見し実行する仕組みだ
と説明した。

■近年企業視察で訪問したインド、インドネシア、中国、台湾などの多くのアジアの国々の経営者をインタビューで、彼らが日本から学びたいものとしてあげたものは、5S、TPMである。■アメリカから学ぶ手法はイノベーションだと考えている。■この考え方も1、2年したら、もう日本から教わるものはありませんということになるでしょう。

■ところで、iPadが出てから情報の検索の恐るべき迅速化を深化、広範囲化によって、ビジネスのあり方が大きく変わろうしている。■iPadの携帯端末に情報がなくとも、クラウドで、いつでもどこでも瞬時に入手できる時代となったことが世界の企業の現場で生産性を向上させる大きなの変化が生じている。■この端末を経済活動の有力なツールとして、いかに使いこなすか、常に経営の現場を見ていかなければならないと思っています。■「売れるコンサルタントの仕事の技術」がお薦めの本です。

■ガイアの夜明けは「最新技術が客を呼ぶ!」。伝統ある京都錦市場の店主が一日何回もつぶやくツイッターで、ツイッター割引が客の勧誘に役立っている。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

もう日本から学ぶものは何もない

S201009061  今朝のサンケイ新聞「浮上せよ日本経済」によると「もう日本から学ぶものは何もない」「日本はもっと先端技術を開発してください。その部品を韓国が買い、組み立て、かっこ良くデザインして世界に売ります。だって日本人は内向き志向で、外国に出かけて市場を開拓するガッツがないでしょう」今年5月下旬。経済同友会の韓国視察団としてサムスン電子や政府系研究所の施設などを訪ねた帝人会長の長島徹氏は、意見交換した韓国の企業関係者からこう通告された(サS20100906ンケイ新聞)。
■日本経済の地盤沈下が加速している。国別の国際競争力ランキングは58カ国・地域中、27位に落ちた。■2010年順位は1位シンガポール、2位香港、3位米国、8位台湾、18位中国、13位韓国、27位日本(サンケイ新聞)■天満橋で大川を眺めながら珈琲のあと、久しぶりに大阪城天守閣への30分のコースを散歩した。■台湾出張で手付かずだった新聞2紙の切抜作業・PDF化をようやく午前中に終えた。本日の歩数は9662歩。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

イタリアのようなワクワク、ドキドキの関西を

5日午後は「摂南大学経済学部開設記念シンポジウム『新しい経済成長と関西経済』」を聴講した。■摂南大学経済学部が今年4月に開設された。■苦境に立つ世界と日本と関西の経済に新しい道を切り拓くアイデアを共に考えようという趣旨だった。■基調講演はテレビなど活躍されている森永卓郎氏、演題「経済効果の変化~日本経済の長期展望~」■森永卓郎さんの講演は、難しい経済の話をわかりやすく落語家のように登場人物の声色も交え、人を惹き付ける話をされた。
■森永氏によると、日本とイタリアは、市場の企業構成、南北に伸びる縦長の国土、首相が頻繁に交代する点などでよく似た共通項がある一方で、日本人とイタリア人の気質に関してはまったく違うものだという。■イタリアの経済も日本と同じく良くない。「イタリア」という言葉から我々が連想するのは,陽気な人たちと明るい日差し。■「経営トップの挨拶が代表的だ。“わが社を取り巻く経営環境は一層厳しさを増し……全社一丸となって……頑張ろう”と社員に語る日本の経営者がいるが、ダメな時にダメな話では明るくならない。雰囲気を暗くさせている。イタリア人の経営者の挨拶は“アモーレ・カンターレ・マンジャーレ!(愛して、歌って、食べて)”。日本の経営者もこのイタリアの明るさへ転じる切り替え法を見習うべきだ」(森永氏)
■イタリアから学ぶことは何か。1人当たりの名目国内総生産(GDP)において、日本はイタリアより下に順位を落としてしまったからである。森永氏は「労働時間が短いイタリア人に負けている現状を認識すべき」と訴える。■「イタリアンデザイン、イタリアの一流ブランドは零細企業がもつ。製品開発にはアートが必要。商品は芸術と技術が融合したときに成功する。くそ真面目では良い商品は産まれない。イタリアのようなワクワク、ドキドキするイメージは関西にある。ラテンの明るさで行こう」と森永氏は関西人を意識して強調された。
■パネルディスカッションは森永さん、大商会頭・京阪電気鉄道代表取締役CEOの佐藤茂雄さん、摂南大学経済学部長・八木教授、経済学部・蛭川教授による「新しい経済成長と関西経済」でした■京田辺市で39.9℃の猛暑。歩数9779歩。

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

日本経済「踊り場」局面へと移行

S20100904_144日の武藤記念講座は第937回です。演題は「日本経済の現状と展望~市場に蔓延する二番底懸念~」講師は野村證券金融経済研究所シニアエコノミスト尾畑秀一氏
■金融ショック後の景気回復期から「踊り場へ」急激な円高、海外景気の減速、政策効果の剥落から成長ペースを大幅に鈍化させ、「踊り場」局面へと移行する見込み。
■アジアを中心とした新興国景気が輸出を下支え
■輸出回復の恩恵が内需にも影響
■山積みする中長期的課題
日本経済は金融危機から立ち直りつつあるとはいえ、中長期課題は山積している。最大の課題は人口減少の中で、いかにして
経済成長と財政再建を両立させていくかであろう。
■労働力人口の減少にとって、女性の労働参加促進は不可欠。企業にとっても、働き手が減少する中で、いかに優秀な人材を企業につなぎとめておけるかが、企業の活力、成長力にとってのポイントとなってくる。女性が働きやすく子ども産みやすい雇用環境の創出は「コスト」から「投資」へ。
■以上、尾畑秀一さんのお話のポイントでした。
■午前中は8.30から大和高田市の企業での幹部社員向けISO研修、本日の歩数は7056歩でした。

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

iPadクラウドイノベーション

S20100903ipad_4 2日18.30から「0903・MOBIO-Cafe『 ITを活用したものづくりイノベーション』」に参加した。■場所はクリエイション・コア東大阪南館2階。
■「IT活用の効用・・・商工労働部の顧客化を例に」【講師】大阪府商工労働部長 杉本 安史氏
■「iPadクラウドイノベーションであなたの未来が変わる!」【講師】枚岡合金工具株式会社 会長 古芝保治氏
■3Sで有名な枚岡合金工具㈱の古芝会長です。■クラウド仕事術から電子書籍の「自炊」、iPadをポータブルオフィスにする
S20100903ipad_6 ■情報収集、書類作成、コミニュケーション。会議も出張もふだんのデスクワークも!iPad1台でこれだけの仕事ができる!
■関連WEB:大阪府商工労働部の施策
■関連WEB:MOBIO-Cafe
■関連WEB:枚岡合金工具株式会社
■関連WEB:デジタルドルフィンズ
■関連WEB:ipad仕事活用術!
■関連WEB:ipadパーフェクトガイド
■関連WEB:IPADすいすい仕事術
■関連WEB:EVERNOTE

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

クライネ・クノスペン演奏会

S20100902 2日19時から大阪アーティスト協会設立25周年、クライネ・クノスペン合唱団CD発売、そしてシューマン生誕200年を記念して「クライネ・クノスペン演奏会」がいずみホールあった。■幼い子どもさんからベテランの高齢者まで幅広い歌声を聴けて楽しかった。■シューマンの歌曲も良かったですが、「ふるさと」「雪やこんこ」などの四季の歌が懐かしく、じーんと胸が熱くなりました。■さすがにベテランの合唱の歌声は迫力があり、豊かな音で心の深い部分が揺すぶられる思いがしました。■お陰さまで至福のときを過ごすことができました。ありがとうございました。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

地域の自主防災訓練を

9月1日。国民も企業も景気も不在の民主党代表選が告示で、菅首相・小沢氏が対決。■国に大きな期待はしないが、様々な政策課題にどう取り組むのか? 明確にしてもらいたい■防災の日。東海、東南海、南海の3地震が同時発生した想定訓練。政府や自治体による防災訓練が全国各地で67万人が参加して実施された。■もっと一般市民、地域ぐるみの防災訓練にも関心をもつべきだ。■11月23日の大阪市中央区中大江小学校地域の自主防災訓練には参加します。■20時からのNHKスペシャルは「首都水没の危機」を放映。■最近、大都市で集中豪雨が頻発し、大規模な床上浸水が起きるケースが目立っている。■今日も36度を越える猛暑日。■ようやく体調回復。研修準備で外出なし、歩数1100歩。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »