« 動き出すオフィスビルの省エネ | トップページ | iPadを仕事でどう使うか? »

2010年9月10日 (金)

エネルギーマネジメントシステム『ISO50001』

ビューローベリタス主催 ISOコンサルタント向けセミナーに参加した。■ テーマは「エネルギーマネジメントシステム『ISO50001』の概要 」でした。
セミナー内容は下記でした。
■カーボン(リスク)マネジメントとは、必要性
1.法規制、排出量取引への対応
▼温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度(温対法)
▼東京都環境確保条例
▼国内における排出量取引関連のスキーム
2.財務リスクへの対応
▼製品製造コストの上昇
3.ステークホルダーに対する責任
▼企業の社会的評価にも影響
▼カーボンディスクロージャープロジェクト(CDP)
▼財務諸表への環境情報記載に向けた動き
▼カーボンマネジメントにおける評価の重要性
▼カーボンマネジメントにおけるリスクの種類
4. ビューローベリタスのカーボンリスク評価サービス
▼カーボンリスク評価サービスとは、
▼全体の流れ
▼デスクレビュー、現地レビュー
▼評価内容
(1)算定ルールの評価
(2)算定システムの評価
(3)算定結果の評価
5.エネルギーマネジメントシステム
▼エネルギーの現状
▼EnMSの起源と開発
▼EnMSとはどんなものか
▼EnMSと他の規格との互換性
▼ISO14001とEn16001(ISO50001)との関係

|

« 動き出すオフィスビルの省エネ | トップページ | iPadを仕事でどう使うか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。