« 言葉の花束「感動しないと脳は鈍る」 | トップページ | 統合コンサル »

2010年9月16日 (木)

「食の崩壊」と「農商工等連携認定の実際」

S20100916_8 桑蓬会第297回例会に参加した。スピカーはお二人。
1)“農商工等連携認定の実際” 丸萬中源 脇社長様
「コウノトリ育む農法」による米粉を用いた食品の開発(農商工等連携促進法第1回認定:H20.09) 地域のシンボルであるコウノトリの餌場となる水田を増やす「コウノトリ育む農法」により生産された米を      利用した食品を開発し、地域の名産品として新たな販路開拓を行う。
2)“食の崩壊”山川 雅広さん
 今のような食生活を続けると、やがて我が国の食は崩壊し、健全な心身が蝕まれます。 フランスの食育政策、五観の偈などS20100916_9 食生活の見直しを訴えられた。

■ご発表のあと、活発な質疑応答がありました。どちらも重要な問題です。

|

« 言葉の花束「感動しないと脳は鈍る」 | トップページ | 統合コンサル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。