« 小泉八雲記念館(ユアサ32会) | トップページ | 環境保全優良企業視察 »

2010年10月26日 (火)

温室効果ガス排出量取引制度

S20101026 環境マネジメントシステム審査員への最新環境情報講演会へ出席した。
■時間:13.00--16.00
■場所:クレオ大阪中央ホール
■テーマ「温室効果ガス(GHG)排出量取引制度について」橋本賢氏
㈱三菱総合研究所環境・エネルギー研究本部
地球温暖化戦略研究グループ主任研究員
■「CEARからのお知らせ」
■「温室効果ガス(GHG)排出量取引制度について」の内容は下記
▼地球温暖化問題の現状
▼低炭素社会に向けた世界的潮流
▼排出量取引のしくみと各国動向
▼排出権市場の現況
▼日本における排出量取引の取り組み
▼排出量取引制度の「本格導入」に向けて
▼CO2排出のモニタリングと国際規格
▼排出権ビジネスへの参入
▼エネルギーシステムの革新とビジネスチャンス
■小職の環境マネジメントシステム審査員資格の維持登録期限は12月31日まで。12月10日までに「継続的専門能力開発(CPD)実績の記録」を出すことが必要です。■審査員補は5CPD時間以上。■本日の講演会は2.5CPDとのこと。
■4月から10月までの環境関連講演会・セミナーへの参加実績は下記。
▼10月14日:「第8回積水化学 自然に学ぶものづくりフォーラムin名古屋」
▼10月13日:中小企業診断士更新研修「地球温暖化の中小企業への影響と対策」
▼10月12日:BSIジャパン大阪支店の「エネルギー/ISO50001-BSEN16001」セミナー
▼9月10日:エネルギーマネジメントシステム「ISO50001」の概要
▼5月30日:環境経営学会
▼5月29日:環境経営学会
▼5月28日:環境経営学会
▼5月20日:BSIジャパン大阪支店の「エネルギー/ISO50001-BSEN16001」セミナー
▼5月17日:環境・エネルギー政策に関する国民対話
▼5月14日:富士通セミナー「戦略的な環境経営へのICTの貢献」

|

« 小泉八雲記念館(ユアサ32会) | トップページ | 環境保全優良企業視察 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。