« 経営イノベーション | トップページ | ”食”から日本を盛り上げる »

2010年11月20日 (土)

「枯葉」の履歴書

S20101120_4 大和高田市内でのコンサルのあと、大阪城の秋が綺麗に見える武藤記念ホールへ。■武藤記念講座第941回は作曲家・吉田進氏の「シャンソン《枯葉》のすべて」。■ 日本人が一番好きなシャンソン《枯葉》。■『枯葉』(Les Feuilles mortes )は、1945年にジョゼフ・コズマ(Joseph Kosma)が作曲し、後にジャック・プレヴェール(Jacques Prévert)が詞を付けた■「創唱したイヴ・モンタンは、自分の人生の最大のS20101120_2 失敗は《枯葉》だった」と語っているという吉田進氏。■吉田進氏の解説で数奇な運命をたどって世界的なヒットに至った《枯葉》の履歴書を、音と映像で楽しんだ。■このシンプルな曲、しっとりとした曲は人生の味が出ている歌ですね。
■関連WEB:吉田進の世界
■関連WEB:【試聴】枯葉 Les Feuilles Mortes

|

« 経営イノベーション | トップページ | ”食”から日本を盛り上げる »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。