« 事業仕分けの進め方を考える | トップページ | iPadで変わる仕事と職場 »

2010年11月17日 (水)

「夢」ではなく「目標」を追いかける

S20101117_2 S20101117_4 早朝の新幹線で上京、経営術を、夜は大阪大学で都市システムのサスティナビリティの最新情報を学んだ。
■お茶の水の東京ガーデンパレスで、平成22年度中小企業経営診断シンポジウムに参加した。
■シンポジウムの統一テーマは「今、成功する経営革新とは」。
■基調講演はゼロから東証一部上場企業、1200店舗超のカレーチェーンをつくった経営者。■株式会社壹番屋創業者特別顧問・宗次徳ニ氏■20年連続で増収増益を実現した秘訣、経営者のあるべき姿、事業承継のあり方などについてお話を伺った。■テーマは「後継者は、経営者の背中を見て育つ」
■宗次流7つの経営術
1)朝から晩まで徹底的に働く
2)現場主義を貫く
3)ライバルを一切気にしない
4)お客さまのクレームは貴重な財産
5)「夢」ではなく「目標」を追いかける
6)継続的に店舗の近隣を掃除する
7)後継者を育て、潔く身を引く
■20年間、増収増益を実現できた秘訣は経営者が経営に身をささげる。情熱のすべてを注ぎ込む。これしかないと思います。■「経営者はよそ見をせず、経営に身をささげるべき」■毎朝3時55分に起きる。4時55分に出社。1日15時間半働き続ける。■経営者が先頭に立って無我夢中で働けば、自分の会社くらい守はずです。■不眠不休を厭わず、寝食を忘れて必死に頑張る。■そうやって経営者が率先垂範すれば、売上は落ちないと思います。
株式会社壹番屋
宗次ホール
■書籍「日本一の変人経営者」ダイヤモンド社
■書籍「CoCo壱番屋答えはすべてお客様の声にあり
■書籍「夢をもつな!目標をもて!独断と偏見語録集55
■CD「CoCo壱番屋創業者が自分の直感を貫き続けた理由」
■中小企業診断士の次の発表を聴いた。
1)平成22年度「調査・研究事業」
”激動の時代を生き抜くものづくり中小企業”の知恵
知的資産経営調査報告書
2)「中小企業の『ISO22000入門』」
3)平成21年度静岡県支部調査・研究事業
「浜名湖観光圏」における農商工連携による果樹園経営の一方策について
4)大規模歯科医療法人の革新支援
~教育プログラムの策定を通じて~
■18.30から大阪大学サスティナビリティ・デザイン学エクステンションセミナー第2回を聴講した。■第2回テーマは「都市システムのサスティナビリティ」
■大阪大学教授・相良和伸氏から「建築・都市における省エネルギー・省CO2」
■㈱日建設計・設備設計室室長・高山 眞氏「建築設備設計の立場から」
■世界、東京、大阪市内の省エネ建築・設備プロジェクト事例も交えて最新の動向をご紹介された。

|

« 事業仕分けの進め方を考える | トップページ | iPadで変わる仕事と職場 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。