« 「夢」ではなく「目標」を追いかける | トップページ | 経営イノベーション »

2010年11月18日 (木)

iPadで変わる仕事と職場

iPadをすでに実際の仕事に活用して効果をあげている4社の事例紹介と、
これからのiPad活用の可能性について参加者も交えて話し合うセミナーでした。今後ますますモバイル機器によって仕事のやり方が変わり、情報の共有化が進むものと思われます。
■セミナーテーマ 「iPadで変わる仕事と職場」
-iPad活用企業事例-
■プレゼンター  
事例1.枚岡合金工具(株) 会長 古芝 保治氏
 (図面のデータベースからiPadで取り出す即時商談情報)
事例2.(株)レイ・クリエイション ディレクター 須賀 恵介氏 (情報デザインで商品価値の向上・会議でのiPad利用)
事例3.(株)リンクネット 取締役 小林 大城氏 (システムとiPad・iPhoneのコンテンツを開発)
事例4.(株)仁科旗金具製作所 取締役 仁科 雅晴氏 (営業活動や採寸業務現場でiPadを活用)
■iPadの利点
①電池が良く持つ、9時間。
②写真・資料の拡大表示
③素早い起動
④顧客が親しみを感じる
■iPadの短所
1)オフイス・アプリに弱い
2)カメラ機能がない
3)データにアプリがまとわりつく
S20101118_12■桑蓬会299回の発表者は山口良之さん 
■テ-マ:「企業支援について」
■山口様の発表の後に「300回記念行事」を検討した。

|

« 「夢」ではなく「目標」を追いかける | トップページ | 経営イノベーション »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。