« プロセスの監視及び測定 | トップページ | 生活習慣病に対する運動療法 »

2010年11月28日 (日)

想いの実現

S20101128_2 登山家 栗城 史多講演会「想いの実現、エベレスト単独・無酸素登山から学んだこと」■栗城氏の登山をはじめた経緯から、7大陸最高峰への単独・無酸素登頂達成間近にいたるまでの経緯、インターネットでの登頂生中継などの話を通して「一歩踏み出す勇気」や「夢を持つことの大切さ」を熱く語られた。■栗城史多はなぜ山に登るのか、なぜ命をかけて生中継をおこなうのか、彼の思いを知りたい人、達成したいと思う目標が一つでもある人は「一歩を越える勇気」をお読みください。iPad版電子書籍もあります。■「夢のかなえ方」夢を実現する方法は?自分のやりたいことや夢、目標を口にすることによって、周りに伝わって共鳴する。そうすると支援してくれる人や、そのとき自分が必要とする人が必ず現れてくれる。■一日十回、誰かに自分の夢や目標を語ってみよう。十回口にすることによって、「叶う」。■十回以上言ってはいけない。なぜなら、「吐く」になってしまうから。■夢を語ることは、自分を変えるだけではなく、多くの人と出会い、支え合うツールにもなる。■自分の夢に興味を持ち、共鳴してくれる人は必ずいる(p.202)■もし自分の友人や子どもが自分のやりたいことや夢を語りはじめたら、絶対に否定するのではなく、信じてあげて欲しい。■そして夢を語る大人が増えれば、日本は変わっていくと思う(P.205)■夢をもつと自分自身が変わり、まわりを変え、さらには日本や世界までも明るい方向へ変えていく(p.234)

■関連WEB:栗城史多
■関連WEB:一歩を越える勇気
■関連WEB:栗城史多つぶやきなう

|

« プロセスの監視及び測定 | トップページ | 生活習慣病に対する運動療法 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。