« フェイスブックを体験しよう | トップページ | 職場寒冷化に歯止めを »

2011年1月25日 (火)

国際化社会と国際交流

追手門学院大阪城スクエア[おうてもん塾第3期] 第2講「再見!ミスター・サイゴン」を受講しました。■「国際化社会と国際交流」 グローバル社会を迎え、様々なレヴェルでの国際交流が当たり前のように行われる昨今ですが、一方で政治・経済の場では周辺国との問題や、また学生に留学離れの傾向がみられ、今の若者は「内向き志向」であることが指摘されているなど、日本の「国際化」とはなにか問われてもいます。■国内や海外で、ふと見知らぬ外国人に出会い、言葉を交わし、印象の残るひとたちとして、カルカッタ、マラッカ、ロンドン、ホノルル、神戸で出あったことを話された。■たいそうな国際交流事業ではない、なにげない対話から国際交流を考えてみたい。日本人はもっと日本文化の勉強をしておくことが外国語を話す勉強以上に大切であると感じた。

|

« フェイスブックを体験しよう | トップページ | 職場寒冷化に歯止めを »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。