« イチローとISO 9001 | トップページ | 国連環境計画(UNEP)親善大使による海外視察報告会 »

2011年2月12日 (土)

ISO9001と「収益改善」

S20110212 早朝から大和高田市内でISOの勉強会でした。■内部監査(改善の指摘)とマネジメントレビュー(改善実行の指示)がきっちりやれていれば、外部審査なんて受けなくて良いぐらいなんだから、そのつもりで取り組んで欲しい。
■「収益改善」は小さな改善を即実行することです(ISOです)■営業の強化は営業マンに「自分はいかに顧客のことを知らないか」を、自覚をしてもらうことから始まる。どれだけ顧客のことを知っているだろうか?お客様のお客様は誰ですか?■お客の動向をよく調べる、お客さんが活動している業界・現場をしっかり見ること。お客様のお客様へどんな提案をしていますか?
■「お客さんの理不尽な要求」や「社内が原因のやってられないなあと思う仕事」などすべてを、リストに整理する。これらの改善策を検討して実行できるものから解決していく。受注から加工・出荷までのすべての流れ(業務)を模造紙に書き出して、現状の仕事を見える化することから、気づいた発見からの改善を実行する。とりあえず目の前にある小さな無駄の改善に着手する。小さな成功体験を積み重ねていくことが重要です。■全員が危機感を共有してあるべき姿、夢に向かって取り組む。

|

« イチローとISO 9001 | トップページ | 国連環境計画(UNEP)親善大使による海外視察報告会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。