« タニサケ塾 | トップページ | 「おひとりさま」を豊かに生きるヒント »

2011年2月 7日 (月)

「日本一の知恵工場」の社風づくりを学ぶ「タニサケ塾」

S20110207_003 S20110207_001 S20110207_3 タニサケさんの高業績と「日本一の知恵工場」の社風づくりを学ぶために今回のタニサケ塾に参加させていただきました。二日間に渡って、松岡会長が実践してこられた経営と人生の貴重なヒントを情熱的に寸暇を惜んでお教えくださり、感動、感動の連続、そして感謝で一杯です。社員が知恵を出し合って発展を続けるタニサケさんの社内風土はまさに「全社員が嬉々として出社したくなる人生道場」です。自分から改善提案を出したくなる雰囲気を作らないと続かない。改善提案活動を軌道に乗せるためには、2年3年とトップが我慢強く社員の皆さんを引っ張っていくトップの情熱的な姿勢が最も重要であるとお話された。そのためには、トップが誰よりも率先して動く。良いものは素直に真似る。言葉ではなく行動で示してこそ、後ろ姿に触発された社員が動き出す。トップに立つ人は自分の体と時間を使い、周囲に喜びと希望を与えることが最も重要であると学びました。

|

« タニサケ塾 | トップページ | 「おひとりさま」を豊かに生きるヒント »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。