« 外国人に教える日本語 | トップページ | 従業員の心の満足こそが、企業を伸ばす! »

2011年2月23日 (水)

中国の課題:格差の是正と環境負荷の抑制

S20110223_4 大阪城梅林の梅は、この陽気で開花が進み、もう少しで満開です。
■関連WEB:大阪城梅林 梅だよりS20110223
■2月度スキルアップ研修は梶巻正男氏の「中国事情 (2009-2010年)」でした。■中国問題を考えていくときに、「国民の批判をかわすため、中国共産党が使い続けている切り札は、『経済成長』である」ということ。「持続可能な経済成長を続ける」ために、どのような制約要因があるのかの視点で考えいくと、中国の動きはわかりやすいのではないか。■中国という国家や個々人の行動原理を社会体制や経済構造から理解することによって、今後の中国への対応を考えたいと話された。
■関連WEB:日経ビジネスオンライン「中国第12次5か年計画の方向性:格差の是正と環境負荷の抑制が柱」

|

« 外国人に教える日本語 | トップページ | 従業員の心の満足こそが、企業を伸ばす! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。