« 東日本大震災による損失額約19兆円 | トップページ | 経営者のためのiPad活用事例セミナー »

2011年3月24日 (木)

中小企業診断士技術向上研究会の研究テーマ

今日現在、東日本大震震災は大変な状況です。地震、津波、原発の3つが重なり、困難な状況が続いています。東北・関東地域だけでなく、全国および中国等の諸外国にも経済的大影響を与えております。我々被災しなかった地域に住む者は混乱することなく、通常の業務・活動をこなしていくことが全体の復帰へつながると思います。
■第104回 中小企業診断士技術向上研究会は平成23年度(2011.4.1~2012.3.31)の活動について話し合った。
■研究テーマ案として次の課題が出された。
1)具体的な省エネ対策
2)中小企業の国際化対応
3)企業改革の最初に5Sを
4)事業承継と人材育成
■中小企業診断士技術向上研究会の「大阪支部における調査・研究事業」のテーマの絞り込みは次回となった。

|

« 東日本大震災による損失額約19兆円 | トップページ | 経営者のためのiPad活用事例セミナー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。