« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

トイレの法則

20110430 社長さんが率先してトイレ掃除を「するような会社は、とても活気があって勢いを感じます。
■「トイレの法則」の目次を紹介します。
▼法則1.チャンスは「人の嫌がること」にある
▼法則2.トイレを見れば人がわかる
▼法則3.トイレを見れば会社もわかる
▼法則4.すぐにできる「人生の流れをよくする」方法
▼法則5.「仕事のツマリ」はこれで解消できる
▼法則6.トイレを鏡にしてわかったこと
■関連web:「トイレの法則

| | コメント (0)

2011年4月29日 (金)

ファシリテーション入門

S20110429_7 S20110429_15 29日(祝)はBSIジャパン大阪で、ISO適塾「ファシリテーション」の勉強会でした。先生は(株)イノベーションの山上さんです。■ファシリテーション(Facilitation)とは企業内の会議・打ち合わせの場などで、発言を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識 の一致を 確認したりする際に相互の理解を促進し、合意の形成へ導き、組織を活性化させる手法などの総称です。
■アジェンダ
▼いきなりファシリ
▼ISOファシリ
▼ファシリの小技
▼やりましょう(参加者によるファシリ体験)
▼ふりかえり
■ファシリの小技
▼明快な目的
▼アジェンダのリマインド
▼話の切り出し方、テーマ設定質問
▼傾聴、うなずき、反応質問
▼話し合いプロセスの事前設計(合意戦略)
▼マーカーの使い方
▼問題オヤジへの対応
■ファシリができること
▼可視化
▼最低限の信頼基盤
▼主体性の感覚
▼エネルギー(活力源)
▼チーム感
■関連WEB: 株式会社 イノベイション
■関連WEB: 堀 公俊著「ファシリテーション入門 (日経文庫)

| | コメント (0)

2011年4月28日 (木)

最強のコスト削減

大商夕学の初日の講演は、A.T. カーニーの栗谷仁さん。「少子高齢化や低価格化で縮小する日本市場ではコストをコントロールして利益を確保する戦略が必要だ」という栗谷さんから、コストマネジメントのロジックとアプローチを、特に調達コストのマネジメントのお話を楽しみにしていましたが、衛星通信回線が故障で、大商の会場に放送が届かず中止となりました。
■関連web:慶應mcc「夕学五十講」楽屋blog
■関連web:講師紹介「栗谷 仁」

| | コメント (0)

2011年4月27日 (水)

ピンチをチャンスに

日経トップリーダー5月号は「なぜピンチをチャンスに変えられるのか、澤田秀雄の突破力」を特集しています。
▼シリーズ:中小企業、「アジアへ!インドネシアの魅力と誤解」
▼特集「電力不足や風評被害に負けるな、正念場に備えよ」

| | コメント (0)

2011年4月26日 (火)

インドの自動車産業

S20110426 りそなアジア・オセアニア財団セミナー「インドの時代~インドビジネス最前線」を受講した。
■第1部「日印関係の課題と展望」:講師は駐インド日本大使館前特命全権大使・堂道秀明氏
▼インドの経済成長率:2008年度は6.8%、2009年度は8.0%、2010年度は8.6%(予測値)、2011年度は9.0%(予測値)▼課題の一つは原子力発電、不拡散の条件にどう向き合うか。▼二つ目はPPT、インフラ投資、来年から5年計画、日本はPPTにどう参入するか。日本はパッケージ型インフラ展開をどう進めるべきか。
■第2部インドとどう向き合うか?(この30年間を振り返って)講師はスズキ株式会社会長・鈴木 修氏
▼2011-12年度、インドの自動車販売台数が300万台を突破しそうだ。インドの自動車販売台数は08-09年度151万台、09-10年度195万台、10-11年度252万台と推移している。▼業界トップのマルチ・スズキの年産台数は140万台で50%のシエアである。同社は昨年、362億5千万ルピーを投資し12年までに年産台数500万台を目指すと発表している。インドの10-11年度の自動車生産台数は281万台で世界第7位。6位はブラジルの282万台で、今年度インドがブラジルを抜き世界6位になると予想されている。
▼2007年8月のインド視察の折りにマルチ・スズキ社を訪問する予定でしたが、残念ながら果たせなかった。▼スズキのインド戦略―「日本式経営」でトップに立った奇跡のビジネス戦略の一端を鈴木会長が話された。■関連WEB:Bharat Seat(2007年8月30日 (木)ブログ)

| | コメント (0)

2011年4月25日 (月)

奇跡の人材育成法

20110425 「奇跡の人材育成法」は日本電産社長の 永守重信著です。■創業後しばらくは「大声試験」「早飯試験」「便所掃除試験」「留年組だけの試験」など、従来の常識を覆す試験を続けた。採用されたなかから優秀な幹部がどんどん育っていった。
■日経ビジネス4.25号は「東電の罪と罰」を特集している。本来、責めを負うべき人たちが陰に隠れたままでいる。■週刊エコノミスト5月3・10日合併号は「震災と復興」■週刊東洋経済4月30日・5月7日合併号は最悪の夏を乗り切る「電力欠乏」 全対策です。■ 週刊ダイヤモンド4月30日・5月7日合併号は「安心の保険」の特集です。

| | コメント (0)

2011年4月24日 (日)

製麺機メーカーの「麺学校」

今朝の「ルソンの壺」は香川県に本社がある大和製作所、社長の藤井薫さん。同社はうどん、そば、ラーメンの小型製麺機の年間出荷台数でトップクラスのシェアを持つ会社。うどん店、ラーメン店などの開業を目指す人向けの「麺学校」も開き、麺やスープ作りのノウハウだけでなく、経営の仕方まで教えている。
■午後3時から、恒例のクライネ・クノスペン合唱団のコンサートを楽しみました。
▼場所: いずみホール
▼曲目: バッハ 「マニフィカート」及びバッハ  「ロ短調ミサ」よりKyrie,Gloria
▼ソリスト: 淡路 和子、仲宗根 稔
▼オーケストラ:「アッサンブラージュ」
■合唱の皆さんは2年越しで取り組んできた曲でもあり、厳しい指導に耐えて頑張ってこられた素晴らしい歌声でした。

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

エキスパートバンク

大阪商工会議所エキスパートバンク制度があります。■経営上・技術上の様々な課題に対して、企業の要請により大阪商工会議所に登録されたエキスパート(専門家)が貴社に伺い、アドバイスします
■関連WEB:大阪商工会議所エキスパートバンク

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる

永守 重信著「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる [ 三笠書房 ]
■理屈で人は動かない!だから―「人を動かすのがうまい人」のこのやり方。■リーダーが同じことを1日100回、1年間口にし続け、実践していけばやがて部下は何もいわなくてもリーダーを見習うようになる。■その情熱、熱意、執念は必ず部下に通じる。■それこそが真の教育であり、人を動かす最大の要素でもあるのだ。

目次
序章 「一番以外はビリと同じ」と考えろ!
1章 「人を動かすのがうまい人」のこのやり方
2章 指示の出し方―何をどう話すか
3章 叱り方、褒め方1―人を動かすこのノウハウ
4章 可能性を秘めた人間を見抜く、育てる
5章 女性、中途採用―相手によって手法を変えろ!
6章 叱り方、褒め方2―“部下”を動かすこのルール
7章 理屈で人は動かない!だから―
8章 リーダーの敵は、妥協である
9章 組織を動かす人が絶対知らなければならない「考え方」
10章 1回でダメなら、20回続けよ

| | コメント (0)

2011年4月21日 (木)

従業員の心の満足が企業を伸ばす

S20110421 S20110421_2 産業創造館の【ナレッジセミナー:社員の意識改革に不可欠な社長力とは】を受講した。■18時から桑蓬会例会第304回で「従業員の心の満足が企業を伸ばす」という題で発表した。
1)今まで通りの仕事のやり方では企業存続は無理
2)組織、社員の意識変革!
3)「3Sの徹底」から「こころの教育」へ
4)「社員とその家族の幸せ」を大切にする
5)「人が育つ環境が知恵を生む」
■トイレ掃除の教育効果、習慣化、現状維持バイアス、インパクト×回数、行動変革、体験、明るい職場、生品、休品、長休品、死品、明るい職場、経営者のリーダーシップの重要性など。

| | コメント (0)

2011年4月20日 (水)

トイレ掃除

2011042499 なぜトイレの蓋をするだけで99%の会社・店は儲かるのか(田村孝著)
<あっぷる出版>
■目次は次の通りです。
1章 買収、買収で急成長の日本電産はトイレ掃除の鬼
2章 楽天、TDL、ユニクロ…綺麗好きな会社は絶対に儲かる
3章 儲かる会社の99%は整理整頓が徹底されている

4章 発毛リーブ21の躍進は朝のトイレ掃除にあった
5章 300万円で購入した家に住む資産6兆円、世界一のお金持
6章 素手のトイレ掃除で月収100万円!実際にあった体験談

7章 同僚や他者に差をつける“1分間掃除”の凄い効果
8章 トイレの蓋をするとなぜ99%のお店は儲かるのか
■日本電産のトイレ掃除は素手でやる。便所掃除をやってみると、汚してはいけないという気持ちになってくる。■この習慣が身につくと、トイレだけでなく、工場や事務所を汚したり、散らかしたままにする不心得者もいなくなる。職場全体がきれいになり、気持ちよく仕事に取り組める、設備が長持ちするといった効果がある。■不良品が出る理由は6Sの不徹底が原因で起こっている。高度な品質の管理手法を学ぶことも大切であるが、その前に意識づけとして重要。

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

中世・ルネサンス音楽祭

今秋の「中世・ルネサンス音楽祭」のプレイベントとして、5月のゴールデン・ウィークに関西で下記のイベントが行われます。
■2011年5月7日(土)
吹田産業祭イベント
◆日時 2011年5月7日(土) 11:00~12:00
◆場所:吹田市泉町2丁目29番1号 メイシアター ミニステージ
◆*入場無料*
◆出演者: ホムンクルス
        佐久間
        浅野
        ミュー
        AVALON
 このイベントではルネサンスダンスも行います。

■2011年5月7日(土)
中世・ルネサンス音楽LIVE
◆場所:『練』からほり御屋敷再生複合ショップ 内『楽』
    大阪市営地下鉄「松屋町駅」より徒歩1分弱
    (武家屋敷を改装した複合ショップ内にあるカフェ)
◆時間: 19:00~
◆*投げ銭制(要1オーダー) 

昼に演奏した楽師たちによる中世・ルネサンス音楽のライブです。
じっくりと古の響きをお食事と共にお楽しみください。

第2回 中世・ルネサンス音楽祭 in 関西 開催決定 

犬山の音楽祭に出演された、歌姫の浅野泉さんが「この喜びをもう一度!そして夢の実現を西の地で!」とうたい、実行委員会を立ち上げ、精力的に動いておられます。会場は大阪吹田市の日本家屋。趣ある空間に響く古楽の音色・・・想像するだけで、そして歴史、芸術、食文化の豊かな関西ならではの、地域色豊かな祭りになることを期待しています。

◆日時 2011年10月1日(土) 10:00~
◆場所 吹田歴史まちづくりセンター 浜屋敷
(大阪府吹田市南高浜町6番21号)

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

9割の会社は社長で決まる!

これから10年、潰れない会社を作りなさい、「9割の会社は社長で決まる!」「会社を倒産させない」、それが社長の最大のテーマです。そして、社長がどう決断するかによって会社の存続の9割は決まってしまう。㈱船井総合研究所代表取締役会長小山政彦氏の著書です。
第1章 社長のルール 経営者と個人の人格を分けなさい
▼社長は、社員に約束をして自らを追い込みなさい
▼社長は、経営者と個人の人格を分けなさい ほか
第2章 お金のルール 社員の給与を1銭も下げないと宣言しなさい
▼社長は、儲けグセをつけなさい
▼社長は、節約グセをつけなさい ほか
第3章 組織のルール できるだけ会議に出て5分間だけ話しなさい
▼社長は、「7」を基本に組織をつくりなさい
▼社長は、上下関係は15歳が限度だと心得なさい ほか
第4章 人材育成のルール 人を育てるのではなく人が育つ環境をつくりなさい
▼社長は、人を育てるのではなく、人が育つ環境をつくりなさい
▼社長は、しつけとマナーを徹底しなさい ほか
第5章 情報のルール お客さまの進化を察知しなさい
▼社長は、過去の成功体験を捨てなさい
▼社長は、現場主義を徹底しなさい ほか

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

星野リゾート

S20110417_9 朝から鳥羽へ。今日は仕事から解放され星野リゾート タラサ志摩へ。■バルコニーから青い海が広がる絶景。■新鮮な温海水プール。大きなガラス窓から海が見え、開放感あふれる空間で泳ぎ、昼寝、癒しの時間を満喫しました。
■関連WEB:星野リゾート タラサ志摩
■関連WEB:星野リゾート

| | コメント (0)

2011年4月16日 (土)

国家意識をもちなさい!

20110416 「わが日本人よ、国家意識をもちなさい!」。武藤記念講座936回は金美齢さんの人を惹きつける熱弁でした。日本への日本人への愛がすごく伝わる素晴らしい講演でした。
リーダーを選ぶ選挙の大切さを訴えられた。
私は、なぜ日本国民となったのか
■金美齢の公式ホームページhttp://www.kin-birei.com/
■学校法人 JET日本語学校 理事長
http://jet.ac.jp/jp/index.html

| | コメント (0)

2011年4月15日 (金)

豊かな人脈の構築を

20110415 (財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「2322011.4.15.doc」をダウンロード  してご覧ください。
☆ 自らの魅力を磨き、豊かな人脈の構築を――林田正光(CS・ホスピタリティ総合プロデュ-サ-)「友好を深める12ヵ条 伝説のホテルマンが伝授!」
☆「国民の生命財産」を守るためには強い言語・情報力が絶対に必要 

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

社長のリーダーシップ

S20110414_18従業員の心の満足が会社を伸ばし、社員の力を発揮させ、繁栄していくことができる。そのたには何から始めるべきか。まず3Sです。■経営者のリーダーシップ、9割の会社は社長で決まる!■14日、大阪の春の風物詩「桜の通り抜け」が始まりました。夜は中央区の防災担当者をお招きして、「うちの会」の勉強会「中央区の防災」が開催されました。■東海・東南海・南海の想定震度は震度5強、上町断層帯地震は震度7。■日頃からの災害に対する「心がまえ」と「備え」が必要です。■次回は自主防災組織を作る打ち合わせです。地域コミS20110414_2_2 ュニティづくりが望まれます。

| | コメント (0)

2011年4月13日 (水)

教育テキスト

S20110413_7 今日はISO9001の模擬審査を実施しました。■取引先に外資企業があり、CSRの要求事項にも対応されていた。各部門の業務目標も経営者が各部門とよく話し合って納得ずくで決め実施されていました。■各部門がそれぞれの目標を達成したら、会社全体の目標が達成されるようになっていました。■各部門が作成した是正処置、予防処置の記録は今後の教育テキストとして活用することで役立てることができます。

| | コメント (0)

2011年4月12日 (火)

過去最悪のレベル7

アイソス5月号の特集は「FSSC22000認定スキーム始動」です。■食品安全の認証制度などについてグローバルな立場で影響力があるGFSIが承認した食品安全マネジメントシステム認証スキーム・FSSC22000が注目を集めている。■昨年、日本コカ・コーラが2012年を期限としてサプライヤー170社に第三者認証取得の要請を出した。■ISO認証機関も続々とFSSC22000審査への対応を始め、JABでも認定制度を7月からスタートさせると公表した。
■過去最悪のレベル7。東京電力、福島第一原子力発電所で相次いで起きている事故について、経済産業省の原子力安全・保安院は、広い範囲で人の健康や環境に影響を及ぼす大量の放射性物質が放出されているとして、国際的な基準(INES)に基づく事故の評価を、これまでの「レベル5」から最悪の「レベル7」に引き上げることを発表した。■「レベル7」は、旧ソビエトで起きたチェルノブイリ原発事故と同じ評価ですが、福島第一原発事故の放射性物質の放出量は、チェルノブイリ事故の1割前後としています。

| | コメント (0)

2011年4月11日 (月)

地域コミュニティ成功の5カ条

S20110411_1 I20110411SO9001の指導日でした。日経ビジネス4月11日号は「3・11 不屈の国」です。■東日本大震災から1か月が経った。今なお全貌がつかめないほど爪痕は深く、大きい■地域コミュニティ成功の5カ条■①型苦しい防災訓練だけでは長続きしない②「防災」をうたわないイベントを③行政は助けてくれないと認識しよう④幅広い世代の人々を巻き込もう⑤東日本大震災を「我が事」捉えよう。■週刊エコノミスト19日号は「電気がない!」。原発安全神話は完全に崩壊、エネルギー政策の根本的見直し。日本のエネルギー政策はどこへ向かうのか?■日本人が一致団結してこの惨禍に取り組むのだという毅然とした姿勢を世界に示すときだ。

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

桜満開の西の丸庭園

S20110410_7 S20110410_5 西の丸庭園はソメイヨシノを中心に約600本の桜の名所です。西の丸庭園内には大阪管区気象台指定の桜の標準木があり毎年、大阪地区の桜の開花の目安となっています。今日は日曜日で快晴、満開で家族づれでにぎわっていました。

| | コメント (0)

2011年4月 9日 (土)

キーノート

20110408ipad キーノートのiPad用アプリはマルチタッチに対応し、1200円という価格も魅力です。アップルのプレゼンテーションソフトです。
■関連WEB:iPadすいすい仕事術(iPadだけでプレゼン資料を作れるP152--159) ■関連WEB:キーノート

| | コメント (0)

2011年4月 8日 (金)

「整理・整頓・清掃」の3S

S20110409 5Sの基本は「整理・整頓・清掃」の3S。これを25年以上継続中の会社が京都の㈱タナカテックさんです。WEBでタナカテックの工場見学ができます。
■関連WEB:WEBでタナカテックの工場見学
■関連WEB:創意とくふう4月号
■関連WEB:キーノート

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

経営者のためのiPad活用事例セミナー

S20110407_2 20110325ipad午後1時半より枚岡合金工具株式会社さんで3時間半【経営者のためのiPad活用事例セミナー:活用編】を受講しました。【講師】は 枚岡合金工具株式会社 代表取締役会長 古芝保治さん。他の受講者の方が欠席のためマンツーマンのご指導でした。
■お教えいただいた内容は
Gmailの設定
◦Apple Storeからの購入法
MobileMeサイトの登録、活用法
◦iDiskの活用法(データのクラウド化)
◦Picasa活用法(写真画像のクラウド化)
◦YouTube活用法(動画のクラウド化)
◦デジカメ画像の取込みと編集法
◦仕事のファイルをみんなで共有する
◦旅行を楽しくワクワクする地図活用法
20110407ipad◦ 社内文書をクラウド化で出先から閲覧方法
◦ パワーポイントで作った書類をiPadでプレゼンする
kyenote活用方法(パワーポイント)
◦ スケジュールを一元管理(グーグルカレンダー&iPadの連携
■お忙しい古芝会長の貴重なお時間を頂戴し基礎的なiPadの使い方を大変わかりやすく丁寧に教えて頂き、とても勉強になりました。■おかげさまで、今回はiDiskの活用法(データのクラウド化)とkyenote活用方法、を修得でき、21日の発表会では早速、kyenoteを使ってビジュアルな画面で説明できるよう準備を始めます。■デジタルドルフィンズの操作も体験させていただきました。東京への出張を控え、大変お忙しい中、いろいろ丁寧にお教えいただき、その上貴重な資料を沢山頂戴しありがとうございました■関連WEB:iPadを仕事でどう使うか?
■関連WEB:「iPad仕事活用術!」
■関連WEB:枚岡合金工具株式会社
■関連WEB:DVD「あなたの会社も儲かる体質に変わる」
■関連WEB:関西「IT百撰」に学ぶ

| | コメント (0)

2011年4月 6日 (水)

節電対策

S20110406_5 今日はISO14001指導で出かけた。■日経エコロジー5月号は「特集、東日本大震災・福島原発事故、日本が変わる」と「徹底解説、改正廃棄物処理法」です。
■マグニチュード9.0の地震と大津波、そして原子力発電所の事故。未曽有の災害から復興の道のりは遠く、険しい。大震災から我々は何を学び、何を見直すべきなのか。真に持続可能な新しい社会を創るため、日本全体が何年も挑み続ける覚悟が必要だ。■自然エネルギーの仕組みを学ぶため、2000年に全国の大学生さんたちと一緒に、デンマークやフライブルグを訪問した。訪問前に、電力会社の役員の方とお話する機会があったが、自然エネルギーは無理だと言われた。■節電対策、「今すぐできる鉄則15」。各企業は全社を挙げて節電を求められている。

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

ISO14001の目的・目標

阪神なんば線のおかげで便利になった。出来島駅で初めて下車した。大阪市西淀川区の中島工業団地の企業にISO14001の説明をするためです。■経営者にISO14001導入で何を改善するのかをお尋ねしたが、取引先企業の要請との回答しか得られなかったので、宿題とさせていただいた。環境方針、目的・目標がISO14001の活動の柱です。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

従業員の心の満足が、企業を伸ばす

4月21日(木)の桑蓬会例会での発表テーマを:「従業員の心の満足が、企業を伸ばす!~こころの教育と経営~」としました。▼今までの常識が通用しない環境で、今までどおりの仕事のやり方を続けていたのでは企業は存続しない。そのためには、生き残りをかけた戦略をたてなけれならない。▼その中心になるのが「人」そのものである。その人の意識が変わらなければ何も始まらない。▼まず、「整理」「整頓」「清掃」の3Sの徹底からこころの教育へ。社員とその家族の幸せを大切にする。「人を大切にする経営」が重要です。▼「枚岡合金、山田製作所の3S」、「日本一の知恵工場のタニサケ」などの「心の教育」で成功している中小企業の事例をご紹介します。▼この3社の経営者のおひとりに、桑蓬会300回記念事業セミナー「企業発展の条件」のスピーカーとしてお願いするよう提案しています。

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

人を大切にする経営

食品産業の団体のセミナーの依頼テーマがHACCPかISO22000でしたが、もっと一般的な内容の方が良いのでは考え、「整理・整頓・清掃」の3Sの徹底から「こころの教育へ」。人を大切にする経営、社員とその家族の幸せを大切にするなどのキーワードで展開することにしました。■タイトルは「従業員の心の満足が、企業を伸ばす!」で90分お話させていただくことになりました。5月27日です。

| | コメント (0)

2011年4月 2日 (土)

賀名生(あのう)梅林

S20110402_14 奈良西吉野・賀名生(あのう)梅林を訪れた。賀名生の里は南朝後醍醐天皇の隠れ里です。一面の梅花に覆われ、その数2万本、山腹に点在する民家とあいまって壮観な風景はすばらしいです。■本日は五条の企業のISO14001の審査の立会でした。

| | コメント (0)

2011年4月 1日 (金)

「ギブ&ギブ」の精神が大切

4月1日です。(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」2312011.4.1[1].doc」をダウンロード してご覧ください。
☆ 人間関係は「ギブ&ギブ」の精神が大切 ――林田正光(CS・ホスピタリティ総合プロデュ-サ-)「友好を深める12ヵ条 伝説のホテルマンが伝授!」(第三文明社)
☆ 現実を真正面から見据える勇気 ――羽生善治「大局観――自分と闘って負けない心」(角川oneテーマ21)

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »