« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

「情緒的品質」

今日の夕学は早稲田大学ビジネススクールの教授であり、ローランド・ベルガー会長の遠藤功先生でした。■日本企業が創り出すべき差別化された「日本品質」とは何か?
▼「日本品質」=機能的品質 + 情緒的品質。
▼情緒的品質を高める3つのS
1)ストーリー(物語性)
2)サプライコントロール(稀少性)
3)サービス(機微性)
▼「日本品質」創造のために
1)現場力再強化
2)「つなぐ化」の強化
3)顧客と共に「日本品質」を創造する
▼どうしたら「ノリ」がよくなる
1)仕事:適度にストレッチした責任・役割の付与
2)認知:認める、褒める、関心を示す
3)関係性:人間同士の絆、仲間意識(兄貴、親父)
4)「ノリ」は伝染する:職場の雰囲気づくり、ムードメーカー
■関連WEB:遠藤功のホームページ
■関連WEB:遠藤功の現場千本ノック
■関連WEB:株式会社マザーハウス マトリゴール工場
■関連WEB:都田建設(遠藤功の現場千本ノック)
■関連WEB:遠藤功著「伸び続ける会社の「ノリ」の法則
■関連WEB:遠藤功著「日本品質」で世界を制す! 
■関連WEB:ラジオあさいちばん「リーダーシップを考える」5.19 
■おうてもん塾 第3講「はじめての韓国語・朝鮮語」の講師は山口公一先生です。■文字のしくみを知り、簡単なあいさつの表現を学びました。

| | コメント (0)

2011年5月30日 (月)

苦境を跳ね返す7つの心得

「苦境を跳ね返す7つの心得」、今日のブログが2000件目の記事となりました。
■日経トップリーダー6月号は「従来の延長線上に成長なし、苦境を跳ね返す7つの心得」を特集しています。
1)成長の機会は必ずある。
  縮小均衡に陥るな
2)外部環境に解はない。
  自分を磨くことに専念しろ
3)心地良さなしで、
  これからの消費は
  喚起できない
4)まず立ち上がろう。
  誰かが支援してくれる
5)「べき論」は通用しない。
  柔軟な発想で取り組め
6)困難から逃げることなく、
  挑戦さうる覚悟をもて
7)ネットワークを広げれば、
  新しい可能性が生まれる
■以上の「7つの心得」を意識すれば、これから何をすればいいかが浮かび上がってきます。
■もう一つの特集が「ベトナム進出の真実」です。
▼電力とインフレがアキレス腱”ベトナムリスク”との付き合い方▼家族主義で人を育てる、中小企業に活路あり▼ベトナム進出には現地の法律や商習慣を知ることが欠かせない。中小企業が進出するときに注意すべき点は何か。日系企業を辞める理由としてベトナム人からよく聞くのが「日本人はやたらと細かい」という点(P.25)
■8月には工業経営研究学会からベトナム企業視察に参ります。
■関連WEB:日経トップリーダー6月号
■日経ビジネス5.30号は「置き去り景気」を特集しています。
■関連WEB:ブログ2005年12月16日「勇気・意欲・元気の提供業」

| | コメント (0)

2011年5月29日 (日)

原子力エネルギーから自然エネルギーへの転換

S20110529 環境経営学会研究報告大会の2日目です。
■10時から最終まで参加しました。
▼「ISO26000が「企業の社会的責任」に与える影響に関する考察」
▼「ISO26000と経営診断の関係」
▼「CSRの系譜的解釈~社会的課題の接合をめぐって」
▼「CSRにおける戦略的病院経営」
■シンポジウム「バイオミミクリーによる企業のリスクマネジメント」
■シンポジウム「原子力エネルギーから自然エネルギーへの転換」

| | コメント (0)

2011年5月28日 (土)

脱原子力発電

環境経営学会研究報告大会が跡見学園女子大学 文京(茗荷谷)キャンパス、2号館ブラッサムホールや6階セミナールームで開催された。
▼「地方自治体による環境経営率先実行が地域企業の取り込みに及ぼす影響ーエコアクション21を例として」
▼「ISO14001は環境パフォーマンスを改善させるか? 日米の事業所の比較研究」
▼「ISO14001の普及メカニズムー日本の事例をもとにー」
▼「ISOを中心とした日本企業の環境取り組みの現状について」
▼「日本企業におけるgreS20110528_1en. Supply  chain managementの現状について、上場企業に対するアンケート調査より」
■記念講演・東京大学名誉教授・山本良一氏
■基調講演・小池百合子氏、衆議院議員・自民党総務会長・元環境大臣
■シンポジウム「緊急提言の狙いと今後の進め方」「urgproposal-2.pdf」をダウンロード
▼Bcpから見た気候変動、エネルギー問題、
▼日本が脱炭素、脱原子力発電を達成するためのプロセスについて
▼持続可能な新しい社会の構築に向けて
■関連WEB:小池百合子氏のツイッター S20110528
■関連WEB:環境経営学会研究報告大会

| | コメント (0)

2011年5月27日 (金)

「従業員の心の満足が企業を伸ばす!」

S20110527 S20110527_2 27日、ホテルモントレグラスミア大阪で開催された大阪府製麺商工業協同組合の総会のあと、講演をしました。■テーマは「従業員の心の満足が企業を伸ばす!」でした。

| | コメント (0)

2011年5月26日 (木)

新幹線の車内風景

26日大阪が梅雨入りしました。新大阪6.27発で東京へ。パテネットでの仕事です。明日は大阪で午後、講演をします。■帰途の新幹線では車内散歩、1号車から16号車まで往復しました。1450歩、15分でした。アイフォーンを楽しんでいる人が増えましたね。車内風景は少しずつ変化しています。

| | コメント (0)

2011年5月25日 (水)

経営者の『想い』を伝えよう

中小企業総合展での講演会「経営者の『想い』を伝えてみませんか」を聴講した。講師は平林 亮子 氏、平林公認会計士事務所所長、合同会社アールパートナーズ 代表■企業を動かすのは社員の力。その力を引き出すカギは経営者の「想い」にあります。■経営者は「想い」を伝え、社員の力が活かされる仕組みを作っていかなくてはなりません。
■下記は「想い」と「仕組み」の経営についてのキーワードです。
▼御社にとって業績が良いとはどういう状況を意味しているかでしょうか
▼会社はなぜ利益を出し続けなくてはならないのでしょうか
▼利益を伸ばすためにはどうしたらいいでしょうか
▼利益を出すためにはどうしたらよいか
▼御社はどんなビジネスをしている企業でしょうか
▼御社はなぜそのビジネスをしているのでしょうか
▼何のために働いているのですか
▼何のために会社はあるのか、社員も経営理念を共有してください
▼今日からできることは何でしょうか
▼企業に対する想いを社員と後継者と共有してください。

| | コメント (0)

2011年5月24日 (火)

タミル語と日本語

20110524 「弥生人はタミル語を話していたか?」と題して追手門学院大学国際教養学部教授の重松伸司先生の講演を聞きました。今から20数年前、日本語の起源はタミル語という驚くような新説が出され、マスコミで大きく取り上げられました。その後、専門家の間でも大論争がくり広げられたました。■今日は、現地での先生のご体験を踏まえて、移民とタミル語、日本語とタミル語、インド社会の中のタミル語といったテーマについて、タミル語の面白さを説明していただきました。■先生のお話を聞きながら2007年のインド企業視察を懐かしく思い出した。
■関連WEB:プロフィール重松伸司教授
■関連WEB:柔軟性の高いインドが21世紀の社会モデルに? 重松 伸司 氏
■関連WEB:丸善とジュンク堂書店:著者・重松伸司6点
■関連WEB:大野晋著「日本語の源流を求めて」岩波新書、2007
■関連WEB:ブログ「インド企業視察」2007.09

| | コメント (0)

2011年5月23日 (月)

人が輝くチームをつくる条件

九州は梅雨入りしました。■27歳のご長男への事業承継をねらってISO9001の構築・運用指導も一年が経過し、順調に進んでいます。来週からはコーチングによる指導に進みます■27日の講演に備えて、電車待ちのホームで講演の出だし、前半の練習をしました。最初の1分が勝負ですね、聴きたいと思っていただけるように■「従業員の心の満足が企業を伸ばす!」のテーマですが、この講演で「従業員の心の満足はどうしたらできるか、人が輝くチームをつくるのには、何が重要か」を話す■楽しい90分になるよう、講師の思いが上手く伝わるよう、さらに言葉を選び、訴える(話す)工夫、ストーリーの要素(興味ある話)の検討と練習を重ねることが必要です。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

失ったものの大きさは

失ったものの大きさは
与えられていたものの
大きさである。

欣浄寺さんに掲示の言葉です。

| | コメント (0)

2011年5月21日 (土)

感動しないと脳は鈍る

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「2342011.5.15.doc」をダウンロード  してご覧ください
① 常に新しいことを知ろうと、前向きに耳を傾ける姿勢をもつことが大切
② 感動しないと脳は鈍る――林成之「脳に悪い7つの習慣」

| | コメント (0)

2011年5月20日 (金)

『論語と算盤』

大阪産業創造館のスペシャルセミナー「渋沢栄一の『論語と算盤』で未来を拓く」を聴講した。■「日本の資本主義の父」といわれる渋沢栄一氏は、「算盤」(=商売)の合理性思想だけではなく、「論語」(=道徳)に基づいた行動により民が繁栄するという思想の持主であった。■「論語と算盤」とはサステナビリティ(持続性)である。■現状維持は先食い(つけを後世に)、サステナビリティ(持続性)の考え方は資源の再配分(ひと、金、時間)であり、投資である。
■関連WEB:渋沢栄一

| | コメント (0)

2011年5月19日 (木)

東海・東南海・南海地震M9被害想定見直し

S20110519_11 うちの会6回は中之島バラ園へ早朝散策へ。■大商講演会は「東日本大震災の教訓と企業の防災管理」でした。■国が15年に公表している被害想定では、東海・東南海・南海地震の3つが連動した場合、地震の大きさはマグニチュード(M)8.7。■「今回の震災と同じM9にする必要がある。この場合、津波だけでも2万は超えるとみるのが妥当だろう。大きな被害を食い止めるために早く被害想定を見直して各自治体に提示しなければならない」と河田恵昭・関西大学教授が述べられた。■桑蓬会第305回例会は高槻仁志氏の「地場産業活性化支S20110519_1 S20110519_11_2 援の一事例」で、報告のあと、活発な討議を行った。

| | コメント (0)

2011年5月18日 (水)

改善提案の活動

午前中はISOとコーチングによる事業承継の打ち合わせでした。■13時から株式会社ジェイテクト奈良工場の見学会。■工場内は改善活動の発表会のように、工場のいたるところにある大きなディスプレー装置で改善前後、効果の詳しい説明をうけた。■弱点(弾力性に乏しい設備・人・仕組み)である人と組織の活力を高め、For What? 仕事の目的目標の明確化⇒仕事を整理して仕組みを変える。■リーマンショックの対応として、「少直、少ライン」の取り組みを実施していた。■提案活動で多くの提案が出るためには職場で感じたことを何でもいいから書いてもらう。「不便だ」ということを書いて出してもらうやり方に変えた。提案前後、効果を一枚のシートに記入するということではなかなか出ない。
■関連WEB:株式会社ジェイテクト

| | コメント (0)

2011年5月17日 (火)

食品衛生指導員ハンドブック

20110517_5 追手門大学大阪城スクエア〔おうてもん塾第1期〕第1講は「ロシア語は中央アジアのパスポート」です。 講師は追手門大学国際教養学部 准教授の磯貝 健一さん。■ロシア語を母語にする人は2.8億人。ロシア語はシルクロードの共通語としていまなお広く中央アジアやコーカサスでも、使われ続けています。■ロシア語の独特な文字と簡単な会話、挨拶・自己紹介・買い物などの表現を学びました。■「食品衛生指導員養成講習会」のテキストとして、必要な知識を網羅している「食品衛生指導員ハンドブックー第5版ー」が発刊されました。■「製造業・販売業・飲食店のためのHACCP入門 プラン作成から実施まで

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

中之島公園のバラが見ごろ

S20110516_8 早朝散策は中之島公園へ。薔薇が見ごろです。■19日はマンションのうちの会のメンバーと一緒にウオーキングの予定です。お誘いのちらしを配布しました。S20110516_2

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

大変化の時代を生き抜く、日本の心の経営

日本小集団協会の例会に参加しました。本日の参加者は5人。多くの情報と資料をいただきました。
■本日の資料は下記のとおりです。
◆高い目標を持ち生きがいを
◆「余禄」を毎日音読する娘(2011.5.04)
◆都田建設、バーベキューで社員が成長した!
◆千房の中井正嗣の人材育成術
◆大変化の時代を生き抜く、日本の心の経営
◆大阪経済大学北浜・実践経営塾_
◆建設企業のための経営戦略アドバイザリー事業
◆経済・政治研究所主催平成23年度産業セミナー・公開講座一覧(関西大学)
◆「大学学部の平成22年度教育実績」について
◆「甲子園大学ー大和冷機工業株式会社
◆「人生に失敗する18の錯覚」
◆「なぜ日本人は学ばなくなったのか」
◆「世界サイバー戦争」
◆「科学技術大国」中国の真実
◆「中国を拒否できない日本」
◆「何かのために」
◆「日本国債、暴落のシナリオ」
◆「お金の流れが変わった!」
◆「素直な心になるために」
◆中央タクシー、お客様が先、利益は後
◆ネットトヨタ南国、顧客満足度NO1.の原動力は「120分朝礼」
◆サッカー日本代表に見るチームマネジメント
◆人生は山と谷、永守重信さんに聞く
◆植物の生き方、田中修さんに聞く
◆モチベーションの源泉.
◆J社新入社員への課題図書.pdf
◆人口減時代の人材力強化「学歴インフレ脱却急げ」
◆人口減時代の人材力強化「生産性向上、健康もカギ」
◆スタンフォード白熱教室「ブレーンストーミングで可能性を探る」
◆自律訓練法で改善、「言葉唱え」リラックス
◆「大阪と京都の老舗~先人に学ぶ商いの極意~
◆車いすの人の役に立ちたい
◆備蓄見直し、不用品処分年「身の丈暮らし」模索
◆日本電産・永守流「しかって育てる」
◆コーチングとは
◆トップコーチングスタジアムの事業承継ワンストップサービス
◆事業承継に際しての親と子のコミュニケーションにコーチング手法
◆制限なくして青天井を作る。世代交代、成功のための10カ条
◆トップコーチングスタジアムの事業承継ワンストップサービス
◆事業承継チームと外部専門家
◆大阪版食の安全安心認証制度
◆食品を製造する営業用認証基準
◆麺製造工程
◆麺製造会社の概要:今里食品
◆恩地食品
◆大阪版食の安全安心認証制度事業者説明会
◆認証基準(自主点検評価表)――食品を製造する営業――
◆日本一楽しい職場:全日空のもやい直し「楽しい」が強さの源泉
◆ハーバードの人生を変える授業
◆なぜトイレの蓋をするだけで99%の会社が・店は儲かるのか? 日本電産、楽天、TDL、ユニクロ、リーブ21-----                 
◆永守重信著「人を動かす人になれ!」
◆永守重信著「奇跡の人材育成法」
◆松下幸之助物語2-2「便所掃除」
◆成功の5つのコンセプト
◆ホンダクリオ新神奈川
◆「便所掃除試験」の意味するもの
◆「トイレ掃除のプロに」決意:帝国ホテル社長小林哲也
◆最強のチーム・世界最速の清掃現場7分間の新幹線劇場

| | コメント (0)

2011年5月14日 (土)

NPO法人の運営

S20110514_4 NPO生きがい大阪の第3回総会に参加しました。現在会員数は64人■理事長の田畑さんは大阪府健生協議会会長・理事長として10年間、会の仲間を増やし、社会的認知度を高めるために、ディスコンの導入や各種講座の展開、行政やマスコミの活用など、会の発展のために貢献されてきましたが、今日の総会で新しい理事長にバトンを託された。■田畑さんは会長として、強いリーダーシップで会を引っ張ってこられ、本当にご苦労さまでS20110514_1 した。■北海道の稚内でお目にかかって以来、いろいろおこころ遣いをいいただき、またご指導いただき、本当にありがとうございました。■午後は理事・スタッフ合同会議に出席した。■NPO法人の運営に関する重要事項について説明をうけ、NPO法人の運営についての難しさを再認識した。研修・講師派遣事業のスタッフとして打ち合わせに参加した。■NPO法人数の現状について(2011.2末現在)全国計 43,920法人、大阪府 2897法人.
■関連WEB:NPO生きがい大阪
■関連WEB:財団法人 健康・生きがい開発財団
■関連WEB:内閣府NPOホームページ
■関連WEB:大阪府立健康科学センター

| | コメント (0)

2011年5月13日 (金)

製品やサービスの質の向上

S20110513_2 今日はISO9001の審査の立会でした。■品質マネジメントシステム(ISO9001)は、製造やサービス提供といった業務プロセスの維持や改善によって、製品やサービスの質の向上を図るためのものです。 
■関連WEB:ムーディー・インターナショナル・サーティフィケ―ション株式会社
■関連WEB:BSIジャパン
■関連WEB:株式会社国際規格認証機構(OISC)

| | コメント (0)

2011年5月12日 (木)

事業承継とISO

ISO9001の審査の立会でした。取得の目的のひとつは事業継承です。■後継者の方をISO事務局の責任者にする事で、会社の全体像を把握できるようになります。■ISO取得に主体的に関わっていく中で、後継者自身が社内のことを細部まで把握できて、社内各課の社員とも交流ができるようになる。■そして、経営者として成長するという面も大いに期待できます。
■ISOとコーチング手法のセットが効果的です。

| | コメント (0)

2011年5月11日 (水)

ISO研究会

第95回ISO研究会は次のテーマの報告があった。
1.長野県支部のISOの調査研究報告書の輪読-椎木会員
平成21年度の本部の調査・研究事業における長野県支部の研究報告である。
基本的な考え方は、
・ISO9001が経営改善に役立つ
・経営改善するための有効な9手法の提案をする
・アンケートを実施し、ISOに対する経営者の考え方を整理する
報告者が作成した資料の報告があった。
2.「ISO9004の説明」--川村会員
・品質マネジメントアプローチの意味は?
・タイトル、まえがき、序文まで

| | コメント (0)

2011年5月10日 (火)

紙製ホワイトボード

消せる紙(何度でも書いて消せる!ホワイト…)はホワイトボード用マーカーでなら何度でも書いて消せる特殊な用紙です。ティッシュペーパーでも消せます。とても便利です。
次のような特徴があります。
1.紙で出来ているから軽い
 ・テープやピンで簡単に壁などに貼ることが出来ます。
 ・マグネットでロッカーなどに固定するのも簡単です。
2.紙で出来ているから加工も簡単
3.環境にやさしい
 ・通常の印刷用紙に特殊な加工を施しているので可燃ごみとして処理できます。
4.置き場所に困らない
 ・紙で出来ているから薄いのでかさばりません。
 ・A1判(594×841ミリ)は方眼入りです。

| | コメント (0)

2011年5月 9日 (月)

コミュニティの重要性,

Hyoshi 日経ビジネス5月9日号の特集は「不動産ショック マイホーム・オフィスの新常識」です。■都心部のマンション住民の場合、隣人との付き合いは希薄になりがち、だが、非常時には、近隣同士の助け合いが、時には命を救う場合もある。■日頃から、地域やマンション住民同士のつながりは大事にしよう。■特に、マンションの場合は、管理組合などがイベントを開催してコミュニティつくりに力をいれよう。■どうやって関係を築いていいか分からない人は、まず隣人への挨拶から始めてみよう(p.33より)

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

大阪版食の安全安心認証制度

新緑の美しい銀杏並木の御堂筋オープンフェスタが8日(日)に開催されました。■ユッケが原因と見られる食中毒事件。1998年に決まった国の衛生基準では、生食用の牛肉はその旨を表示することになっているが、罰則規定はなく、形骸化していた。■厚労省は、今回の事件を受け、生食用食肉の基準を満たさない肉がユッケなどで提供されないように監視・指導を強めるとしている。■生食用の衛生基準を食品衛生法に規定し、違反した場合の罰則も定める方針だ。■馬肉や鶏肉など生食されている他の肉でも、基準が守られているかどうか、不安に感じる人もいるだろう。安心して生肉料理を食べられるよう、総点検が必要だ。■自分が食べているものが安全なのか、より多くの人が心配する。■食品安全の確保は世界共通の課題となっている。■このような背景から開発された食品安全マネジメントシステムの国際規格「ISO22000」がある。JABによる国内の認証企業数は4月20日現在241社です。■また、「大阪版食の安全安心認証制度」は平成21年2月からスタートしています。■府下の食品製造業ですでに49社が認証されています。
■関連WEB:食品安全マネジメントシステムISO22000(BSI)
■関連WEB:食品産業センターの食品関連リンク集
■関連WEB:公益財団法人 日本適合性認定協会の食品安全マネジメントシステム
■関連WEB:大阪版食の安全安心認証制度の概要

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

中世・ルネサンス音楽LIVE

S20110507_5 S20110507_10 S20110507_15 19時から『練』からほり御屋敷再生複合ショップ 内のCafeBAR『楽』で「中世・ルネサンス音楽LIVE」 がありました。■中世ヨーロッパの手回しヴァイオリンの「ハーディ・ガーディ」や平べったい箱型の弦楽器「プサルテリー」など珍しい楽器ほかの演奏と歌。■中世の楽器や曲を解説していただき、中世ルネサンスのヨーロッパの曲の響きと食事、お酒を閉店近くまで、音楽好きな皆さんと楽しみました。

■■第2回 中世・ルネサンス音楽祭 in 関西 開催決定 

犬山の音楽祭に出演された、歌姫の浅野泉さんが「この喜びをもう一度!そして夢の実現を西の地で!」とうたい、実行委員会を立ち上げ、精力的に動いておられます。会場は大阪吹田市の日本家屋。趣ある空間に響く古楽の音色・・・想像するだけで、そして歴史、芸術、食文化の豊かな関西ならではの、地域色豊かな祭りになることを期待しています。

◆日時 2011年10月1日(土) 10:00~
◆場所 吹田歴史まちづくりセンター 浜屋敷
(大阪府吹田市南高浜町6番21号)

■関連WEB:中世・ルネサンス音楽祭ブログ
■関連WEB:中世ルネサンス音楽祭プレライブ
■関連WEB:
■関連WEB:ハーディ・ガーディ
■関連WEB:プサルテリー
■関連WEB:私家版 楽器事典

| | コメント (0)

2011年5月 6日 (金)

アジアの再生可能エネルギー

201105066 「日経エコロジー」6月号は「日本の明日を占う、 台頭するアジアの再生可能エネルギー」の特集です。■2022年までに2200万kWの太陽光発電システムを導入する計画が動き出したインド。■バイオマス(生物資源)を中心に再生可能エネルギーの電力設備を2020年までに500万kW以上に増やすフィリピン―。■特集2は「エコに配慮したインフラが商機に、中国 環境市場を攻める」。中国は7%の安定成長と環境重視の新5カ年計画を採択した。■環境技術で先行する日本にとって中国は有望市場です。先進企業の取り組みに興味深い内容です。
■関連WEB:「日経エコロジー」6月号

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

人生の整理術

20110504 5日のGW最終日は休養日。「人生の整理術」はあらゆることを少しずつサイズダウンして、本当に大切なことだけにエネルギーと時間を注ぐ……。老いの日をスッキリ愉しむ「人生の整理術」について、衣食住、人間関係、遊び方、お金の使い方などのテーマごとに、役立つ考え方、情報が満載です。■午後はNHKBSの「アフリカ縦断114日の旅」大自然を楽しむ~ケニアから南アフリカへ~を楽しみました。

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

桐の花

S20110504_4 大阪城公園の桐の花が見ごろです。大阪城公園 、西の丸庭園は渡り鳥のオオルリ、キビタキなどを楽しめるところです。千葉県から探鳥に来られた方にもお会いしました。大阪城天守閣復興80周年記念「大阪城ファミリーフェスティバル2011」が5日まで開催中。
■関連WEB:大阪城公園鳥だより
■関連WEB:「元山裕S20110504dsc01961康のこんなん出てます」

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

言葉の花束

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「2332011.5.1[1].doc」をダウンロード  してご覧ください。
☆情報の受け手が持つ力をどうやって育てていくのかが、すごく大事――伊藤氏貴「エチ先生と『銀の匙』の子どもたち 奇跡の教室」(小学館)
☆ 今必要とされるのは粘り強く夢を育んでいく意志 ――茂木健一郎「青春の翻訳法」(毎日新聞社)
■早朝は大川沿い散策、午前中は明日オープンのJR大阪三越伊勢丹開店記念特別内覧に出かけた。■今日の歩数は15196歩。

| | コメント (0)

2011年5月 2日 (月)

事業承継に役立つISO・コーチング

事業承継に際しての親と子のコミュニケーションにコーチング手法が効果的だと事例などのお話をお聞きした。■友人の末松大幸さんは株式会社バーテックを、まだ20歳代の息子さんに事業を承継しました。親子間の事業承継を成功させた上で、ご自分は経営の一線を退き、その経験を生かしてコーチングという全く新しい事業を一から始められた。コーチングの会社名はトップコーティングスタジアムです。■私が担当しているクライアントの多くがISO取得のねらいの一つに息子さんへの事業承継の手段とされています。■私は「社長の夢を実現します!」というお約束でISOによる経営システムの構築のお手伝いをしています。■コーチングは、お客様とコーチは対等という立場でコミュニケーションをとりながら、お客様の「夢」や「目標」を最短距離で実現することを目的としています。その中でコーチの役割はお客様を指導したり、お客様へ答えをお教えするのではなく、本音をフィードバックし、お客様の鏡となって自発的な気付きを提供することなのです。■つまり、答えはお客様自身が持っているものなのです。そのため、自己決定・自己責任が原則となります。自身や他人を信頼できない人はコーチングの効果が表れにくいといえます。■コーチは、お客様を深く理解し、お客様の目的が果たせるよう、全力でサポートしていきます。
■関連WEB:株式会社トップコーチングスタジアム
■関連WEB:株式会社バーテック--洗浄・異物除去、研磨、防ぐ(虫・塵)、衛生管理・手洗い--
■関連WEB:株式会社バーテック--「衛生管理・手洗い」製品一覧表--
■関連WEB:「改善の仕組みをまわすことができて」初めてISOの価値があるものになる

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

バランス・スコアカードによる顧客満足の経営

6月、奈良市三条大路の「割烹東吉」に家族全員集合! バランス・スコアカードによる顧客満足の経営をされている割烹東吉は、「ちょっとぜいたくな日本料理店」の雰囲気を大切にお料理も旬の素材を吟味し、気働きのできるおもてなしをされていることで評判のお店です。楽しみです。
■関連web:割烹東吉
■関連web:株式会社 東鮓(会社概要

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »