« 苦境を跳ね返す7つの心得 | トップページ | コーチングサービスの紹介 »

2011年5月31日 (火)

「情緒的品質」

今日の夕学は早稲田大学ビジネススクールの教授であり、ローランド・ベルガー会長の遠藤功先生でした。■日本企業が創り出すべき差別化された「日本品質」とは何か?
▼「日本品質」=機能的品質 + 情緒的品質。
▼情緒的品質を高める3つのS
1)ストーリー(物語性)
2)サプライコントロール(稀少性)
3)サービス(機微性)
▼「日本品質」創造のために
1)現場力再強化
2)「つなぐ化」の強化
3)顧客と共に「日本品質」を創造する
▼どうしたら「ノリ」がよくなる
1)仕事:適度にストレッチした責任・役割の付与
2)認知:認める、褒める、関心を示す
3)関係性:人間同士の絆、仲間意識(兄貴、親父)
4)「ノリ」は伝染する:職場の雰囲気づくり、ムードメーカー
■関連WEB:遠藤功のホームページ
■関連WEB:遠藤功の現場千本ノック
■関連WEB:株式会社マザーハウス マトリゴール工場
■関連WEB:都田建設(遠藤功の現場千本ノック)
■関連WEB:遠藤功著「伸び続ける会社の「ノリ」の法則
■関連WEB:遠藤功著「日本品質」で世界を制す! 
■関連WEB:ラジオあさいちばん「リーダーシップを考える」5.19 
■おうてもん塾 第3講「はじめての韓国語・朝鮮語」の講師は山口公一先生です。■文字のしくみを知り、簡単なあいさつの表現を学びました。

|

« 苦境を跳ね返す7つの心得 | トップページ | コーチングサービスの紹介 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。