« タミル語と日本語 | トップページ | 新幹線の車内風景 »

2011年5月25日 (水)

経営者の『想い』を伝えよう

中小企業総合展での講演会「経営者の『想い』を伝えてみませんか」を聴講した。講師は平林 亮子 氏、平林公認会計士事務所所長、合同会社アールパートナーズ 代表■企業を動かすのは社員の力。その力を引き出すカギは経営者の「想い」にあります。■経営者は「想い」を伝え、社員の力が活かされる仕組みを作っていかなくてはなりません。
■下記は「想い」と「仕組み」の経営についてのキーワードです。
▼御社にとって業績が良いとはどういう状況を意味しているかでしょうか
▼会社はなぜ利益を出し続けなくてはならないのでしょうか
▼利益を伸ばすためにはどうしたらいいでしょうか
▼利益を出すためにはどうしたらよいか
▼御社はどんなビジネスをしている企業でしょうか
▼御社はなぜそのビジネスをしているのでしょうか
▼何のために働いているのですか
▼何のために会社はあるのか、社員も経営理念を共有してください
▼今日からできることは何でしょうか
▼企業に対する想いを社員と後継者と共有してください。

|

« タミル語と日本語 | トップページ | 新幹線の車内風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タミル語と日本語 | トップページ | 新幹線の車内風景 »