« 「従業員の心の満足が企業を伸ばす!」 | トップページ | 原子力エネルギーから自然エネルギーへの転換 »

2011年5月28日 (土)

脱原子力発電

環境経営学会研究報告大会が跡見学園女子大学 文京(茗荷谷)キャンパス、2号館ブラッサムホールや6階セミナールームで開催された。
▼「地方自治体による環境経営率先実行が地域企業の取り込みに及ぼす影響ーエコアクション21を例として」
▼「ISO14001は環境パフォーマンスを改善させるか? 日米の事業所の比較研究」
▼「ISO14001の普及メカニズムー日本の事例をもとにー」
▼「ISOを中心とした日本企業の環境取り組みの現状について」
▼「日本企業におけるgreS20110528_1en. Supply  chain managementの現状について、上場企業に対するアンケート調査より」
■記念講演・東京大学名誉教授・山本良一氏
■基調講演・小池百合子氏、衆議院議員・自民党総務会長・元環境大臣
■シンポジウム「緊急提言の狙いと今後の進め方」「urgproposal-2.pdf」をダウンロード
▼Bcpから見た気候変動、エネルギー問題、
▼日本が脱炭素、脱原子力発電を達成するためのプロセスについて
▼持続可能な新しい社会の構築に向けて
■関連WEB:小池百合子氏のツイッター S20110528
■関連WEB:環境経営学会研究報告大会

|

« 「従業員の心の満足が企業を伸ばす!」 | トップページ | 原子力エネルギーから自然エネルギーへの転換 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。