« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

プロの条件

20110630 「プロの条件―人間力を高める5つの秘伝」をお薦めします。■著者の藤尾秀昭氏は雑誌「致知」の致知出版社の社長で、編集を通じ出会った各界一流人に共通するエキスをまとめたものであり、 80ページとコンパクトであるが、極めて濃い内容です。■「働くことを通じてその道のプロになることはもちろん、人生のプロフェッショナルになって欲しい」という著者の願いが込められている。■著者の藤尾秀昭氏は、先ず厳しく私に問いかけてきます。「職業のジャンルを問わない。仕事をすることによって報酬を得ている人は、 そのことによって、すでにプロである。また、プロでなけらばならないはずである。しかし、現実にはプロとしての仕事の仕方をしていない人が相当数いることも事実である。」
■「プロとアマとの違いは何だろうか。それは、次の四つに集約されるのではないか。」
1)プロは「自分で高い目標を立てられる人」だ
2)「約束を守る」ということだ。
  約束を守るというのは、成果を出すということである。
  自分に与えられた報酬にふさわしい成果をきっちり出せる人、
3)「準備をする」
  プロは「絶対に成功する」という責任を自分に課している。
  絶対に成功するためには徹底して準備をする。
  準備に準備を重ねる。自分を鍛えに鍛える。
4)プロは「進んで代償を支払おうという気持ちをもっている」
  プロであるためには高い能力が不可欠である。
  その高い能力を獲得するためには、
  時間とお金と努力を惜しまない。
  犠牲をいとわない。代償を悔いない。
  それがプロである。
■最後に一流と言われるプロに共通した条件は、「神は努力する者に必ず報いる、と心から信じている」、感謝と報恩の心で生きようとする、それが“一流プロ”に共通した条件である■プロ意識の大切さを改めて感じさせられた

| | コメント (0)

2011年6月29日 (水)

経営コンサルタント集団:桑蓬会研究例会300回突破記念セミナー

経営コンサルタント集団:桑蓬会研究例会300回突破記念セミナー

「国難を乗り越える企業経営へのご提案」

東日本大震災・原発、円高の進行、新興国の台頭、少子高齢化などで経営環境が激変しています。それらは、これまでの見方やルールを打ち破る絶好の機会でもあります。このピンチをチャンスに変える企業力で、国難を乗り越えようではありませんか!つきましては、自社の原点を見直し・理念の徹底、粘り強い企業組織のつくり方、その実践事例と徹底Q&Aなど、明日からの経営改革のヒントにお役立てください。
                 記
と き :平成23年12月 3日(土)14:00—19:00(受付13:30)
ところ :大阪弥生会館2階 三笠の間
        (JR大阪駅・阪急梅田駅北出口から3分)
        電話:06-6373-1841   
        〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田2-4-53
会 費 :セミナー資料代1,000円。交流懇親会はお一人様 会費5,000円
主 催 :桑蓬会:研究発表例会300回突破記念セミナー実行委員会 
http://sohokai.jugem.jp/

【 プ ロ グ ラ ム 】

第1部  
◇記念講演:『国難下の企業経営の中心課題は何か~理念は艱難を克服する ~』
        講 師:中小企業診断士 内池 滋        
◇記念講演:『結果を出すグループ、出せないグループ』
        講 師:中小企業診断士 恩村 政雄 
         ( 休 憩 )
第2部 
実践事例発表
◆『理念経営で地域・環境・業界に貢献ing』
           大阪ガス・サービスショップ(株)トムコ 
           代表取締役社長 土谷 幸三氏
◆『衰退業界を救う覚悟から企業連携を生み出した仕組みづくり』
            (株)京都工芸 代表取締役社長 寺田 元氏
◆質疑応答:講師及び実践事例発表講師

第3部 ◎交流会懇親会:17:15~19:00 同館別席にて
     (交流懇談の”締め“に、東日本大震災復興を祈念し皆さんと合唱しましょう。 
     :「故郷」「X'masソング」他。
     演奏:ハーモニカ・後藤利一、
         ウクレレ・内池滋、
     指揮:清沢康弘

■桑蓬会のご紹介
  実質“研究例会350回以上”になる「経営コンサルタント集団」桑蓬会の活動内容は、大きく2つの分野があります。一番の中心は月例研究会です。第二は、フィールド活動や他団体との交流、経営コンサルティング(改革支援・調査・提案事業)などです。桑蓬会はクライアントの多様なニーズに対応できる人財の宝庫です。

■講師・講師企業のご紹介

■講師:内池 滋   (有)アミックコンサルタンツ代表取締役 兵庫県功労者賞受賞者
  ・(株)ノーリツ経営企画部長を最後に独立。州立ワシントン大学留学後に会社設立 ・’85年「桑蓬会」発起人・初代会長就任 優秀な会員とともにコンサル実践中  ・専門分野:経営戦略策定、後継経営者・管理者育成、企業再生計画支援ほか ・著書:『管理者のグレードアップ戦略』(さくら総研出版)ほか

■講師:恩村 政雄  O.B.C.C経営コンサルタンツ主宰
・“O.B.C.Cは不易流行の理念で、貴社のクリェーティブ(イキイキニコニコ)をご支援いたします“の方針の下、貴社の潜在経営資源の積極的な掘起しを支援します。・国難を乗り切る最効の打ち手は「人と組織の活力度のてこ入れ」。経営方針を浸透させ、メンバーのやる気を奮い立たせ、結果を出す人・組織に脱皮しませんか!

■講師:土谷 幸三氏  大阪ガス・サービスショップ(株)トムコ 代表取締役社長
阪神淡路大震災時、社員宅を弁当・水を持って毎日バイクでまわる父の姿に感動し96年(株)ノーリツ退職。父経営の(株)トムコに入社。97年中小企業大学校で内池ゼミを選択し薫陶を受ける。04-10年で売上高2倍に。06年社長就任。「世の為、人の為、地球の為」と理念経営実践。ガス業界からのベンチマークが絶えない。

■講師:寺田 元氏  (株)京都工芸 代表取締役社長 滋賀県初のタオルソムリエ認定
・2010年にはアスリートを中心に日の丸タオルを広める。全国に講演活動を通じ業界繁栄に向けての取り組みで、戦わないビジネスモデルを発信。・武田双雲氏とのコラボ「勝つためのタオル【vs我】」が経済産業省・関西デザインポテンシャルマップ2011にてタオル業界初の受賞、その他数々の賞を受賞。

■お申込先:FAX:06-6944-0864
        :実行委員会事務局:浅野宗克宛
申込期限:10月31日(月)締切:先着100名様で締切らせていただきます   
ご 氏 名
ふりがな
会社 名
役職名
所属
ご住所 〒ご連絡 電話

| | コメント (0)

2011年6月28日 (火)

タオルソムリエとは

九州南部が梅雨明け、大阪もこの1週間晴天続き、しかも猛暑。まだ、蝉はお休み中。久しぶりに、サイクリング車で移動した。
■中小企業は不足する資源を他の組織とつなぐことが求められます。社内だけでなく社外の経営資源を上手く巻き込んで成功されている京都工芸さんを教えていただいた。■iPad専用マイクロハンカチもあります■京都工芸は「関西IT百撰(2008年度)」に選ばれています。■もう1社はCSRで有名な池内タオルさんです。■生活の中で、タオル選びをもっと楽しんでもらい、豊かな生活シーンの実現に貢献する、それが「タオルソムリエ」の役割です
■関連WEB:京都工芸・タオルまかせたろ.COM
■関連WEB:オーガニックタオルの「池内タオル
■関連WEB:「つらぬく」経営-世界で評価・池内タオル
■関連WEB:タオルソムリエ資格試験

| | コメント (0)

2011年6月27日 (月)

マイノートの書き方

201106271 生きがい大阪の「マイノートの書き方講座」に参加した。2時間で書き方の説明を受けながら、マイノートの下記主要部分を書きあげた。
▼はじめにお伝えしたい大切なこと
▼1.私の生い立ち
▼2.私のこと(入院歴、既往症、アレルギー症、制限されている食べ物、好きな食べ物、趣味・娯楽)
▼3.家族・親族のこと
▼5.私の交友関係
▼6.現在の生活とやりたいこと
▼9.介護が必要になったとき
▼10.終末(身じまい)のこと
▼13.遺言のこと
■Q&Aでは一人500円の受講料で会員が地域別に実施しようという事業計画例の説明があった。
■関連WEB:マイノートを出版しました
■関連WEB:マイノートの書き方講座
■関連WEB:マイノートの書き方講座(実施報告)(生きがいクラブむさしの)「web1004-03.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

菅政権は「疑似社会政権」

20110626 財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「2362011.6.15[1].doc」をダウンロード  してご覧ください
☆「国民主導」こそ この国に残された希望)――寺島実郎(日本総合研究所理事長)
☆菅政権は「疑似社会政権」、その本質は「卑怯」――阿比留瑠比「政権交代の悪夢」(新潮新書)  ■関連WEB:『政権交代の悪夢』新潮社■関連WEB:【書評】『政権交代の悪夢』阿比留瑠比著(サンケイニュース2011.5.1)

| | コメント (0)

2011年6月25日 (土)

食品衛生7S入門

S20110625_2 西宮市フレンテホールでの「食の安心安全講演会」に行ってきました。参加者は270人。テーマは「生産現場から食卓へ~フードチェーンの仕組みを学んで食の安全を知ろう!~」■講師は大阪市立大学大学院工学研究科客員教授の米虫節夫氏です。食品安全ネットワーク会長もされています。■フードチェーン(食べ物の生産から食卓にのぼるまでの流れ)の仕組みを知り、各段階での衛生対策を学び、食中毒防止の知識と理解を得ることが目的でした。■食品の「安心」とは個々人が感じる主観的評価である。安心とは、「安全」を実現していくプロセス(努力の内容)に対する「信頼」である。「安心」=「安全」×「信頼」。■食品衛生7S(整理・整頓・清掃n・洗浄・殺菌・躾・清潔)を土台に安全を実現する仕組みづくりHACCP、ISO9001、ISO22000の構築が必要でしょう。
■関連WEB:食品安全ネットワーク会
■関連WEB:米虫先生のブログ
■関連WEB:食品衛生7S入門

| | コメント (0)

2011年6月24日 (金)

何が『豊かさ』なのか

S20110624_5 神戸市内の市場視察会。■出店規制を行わずに、品質・安さ・品揃えの三拍子を揃える神戸の台所「東山商店街」、複合型ミュージアム「KOBE三国志ガーデン」がオープンするなど町興しに努める六間道商店街、震災で被災にあうも、いち早く営業を始め、民話「ロダンの狸」で有名な「大安亭商店街」の活性化の秘訣などを学んだ。■各商店街の理事長による商店街の現状と課題についてご説明いただきご案内していただいた。何よりも変化し続ける活動が重要ですS20110624_23 ね。
■関連WEB:東山商店街 魅力発見
■関連WEB:六間道商店街ブログ
■関連WEB:大安亭商店街
■二宮金次郎七代目の子孫に当たる「中桐万里子さん」による明誠舎サマーセミナーが行われました。■演題は「二宮金次郎のいきざま~何が『豊かさ』なのか~」■自然との共存共栄~水車の理論~、「半分従い、半分逆らう」という哲学です。■「従い」の意味はよく見る、よく知る、受け入れる。「逆らう」は対策する、工夫する、実践することを意味しています。■ギブアンドテイクかS20110624 らテイクアンドギブへ。自分が今生きていることは、ご先祖様始め、すでに沢山の方々の恩恵(テイク)を受けている。まず受けた徳に感謝し、それに報いましょう。受け入れる事から始まる。そして知恵を出し改革する。そんな生き方こそ尊徳の報徳・報恩の神髄であり、自分を磨き活かし合いの幸福な人生を送る秘訣だというのです。

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

事業承継の実例報告

20110623 審査機関主催のコンサルタント向けISO情報交換会へ参加した。■テーマは「組織の見えざる弱点を見出すシステム重視の審査とは」でした。■「システム」審査の本質は、方向性を達成するために、資源を管理運用し、そして、変化するニーズに、組織自身を継続的に適応させていく能力を分析すること。■「システム」の方向性というのは、システムがどのような「求められる結果」を達成しようとしているのか、を意味する。
■第107回 中小企業診断士技術向上研究会は「事業承継の実例報告」で椎木茂久さんの発表でした。
■今回のご発表は下記3事例の報告でした。
・後継者が強引にもぎ取ったケース
・両者とも決断がつかないケース
・病身の前任者の負債処理に困っているケース
■いずれも事業承継の時期が遅くなっている事例であった。■関連WEB:中小企業事業承継ハンドブック 29問29答 平成22年度税制改正対応版

| | コメント (0)

2011年6月22日 (水)

異才・奇才を活かす組織

今日の夕学は「異才・奇才を活かす組織」で、講師は『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』著者の辻野晃一郎さん。アレックス㈱社長、グーグル(株)前社長。■今という時代について、「急速なグローバル化の進展」「雲をのぞく窓」としての家電、車の再定義。クラウドで今までの管理の仕方が大きく変わる。■ソニー、グーグル、日米の企業比較論。古き良き時代のソニーが、今のグーグルに決して劣らないカルチャーを持っていた。グーグルの急成長の理由は? 日本が生んだソニーはアップルやグーグルの手本となる企業でさえあった。--辻野さんは熱く語った。■「現在価値を守る」仕事にばかりに注力し「将来価値を生み出す」仕事を伴わない企業は衰退していく。■今はインターネットで世界中が繋がっている時代。スーザン・ボイルみたいなイギリスの田舎の女性がいきなり世界的歌手になるというのは、インターネットやYouTubeがあるからできる。■これからはどんな小さな企業でも、世界市場を意識する時だと話された。
■関連WEB:田原総一朗×辻野晃一郎(グーグル日本法人前社長)「なぜソニーは凋落したのか」『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』著者に訊く 第1回
■関連WEB:ALEX行動指針
■関連WEB:「グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた

| | コメント (0)

2011年6月21日 (火)

ペルシャ語講座

S20110621_1 5月17日から始まったおうてもん塾第1期「国際教養学部の外国語イントロ講座~アジアのことば編~」ではロシア語、タミル語、韓国語・朝鮮語、タイ語、北京語・上海語・広東語、今日の最終講座は「パジャマの語源はペルシャ語」でした。講師は追手門学院大学国際教養学部教授・オーストラリア研究所所長の有吉博之氏でした。■毎回90分の講座で、皆さんと一緒に声を出し、主要な日常会話と文字の書き方などを教わりました。■次回のアジアの企業視察で、これらの外国語を使ってみたい。
■関連WEB:追手門学院大学国際教養学部
■関連WEB:基本のペルシャ語
■関連WEB:大阪大学外国語学部外国語学科ペルシア語専攻
■関連WEB:ペルシア語の頁
■関連WEB:大東文化大学国際関係学部ペルシア語

| | コメント (0)

2011年6月20日 (月)

”反転攻勢”に舵を切る経営

桑蓬会の300回突破記念セミナーは12月3日(土)14.00---17.00弥生会館で開催します。■セミナーテーマは「”反転攻勢”に舵を切る経営」(仮)です。■講師は内池滋氏、恩村政雄氏です。セミナーシナリオを本日打ち合わせました。

| | コメント (0)

2011年6月19日 (日)

中露経済の弱点

19日の第9回 日本学協会関西定例講演会は下記テーマでした。
▼「日本への試練と中露経済の弱点」
     京都大学名誉教授 市 村 眞 一 氏
▼「メドベージェフの対日攻勢 ―その理由と日本の対抗策―」
     北海道大学名誉教授 木 村  汎 氏
■皇室展範の第九条、二条の検討をいそがねばならない。■ジニ係数20%だったのが、今や50%を超え中南米並み。中国では所得格差のほか、大衆の不満の種が激増している。治安悪化中国の人民警察は人口10万人あたりで考えて、世界一のイタリアの警官数の2倍。■現在、ロシア最大の悩みは人口の減少と国民の健康状態の悪化である。健康状態がアルコール依存・結核・HIV/AIDS・麻薬などの病魔に感染して悪く、死亡率が高く短命なのである(レジュメより)

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

上海の商業地からみた中国の小売業態

S0618_5 「s.06.18桑蓬会 (1).jpg」をダウンロード 桑蓬会第306回研究会は西村元廣氏の「上海の商業地からみた中国の小売業態」でした。
西村さんが中国の仕事にかかわって丸五年。上海の商業地を巡ってみた経験から中国小売業の多様性を紹介。合わせて上海の「歴史と商業地の成立ち」を検証。■いつものように豊富な資料をご用意され詳しく説明された。■総会では新会長に仲谷さんが選ばれた。300回突破記念事業の決定。■懇親会では会員の近況報S0618_1 S0618_6  告があった。

| | コメント (0)

2011年6月17日 (金)

ISO14001の取得とコーティング

ISO9001の2次審査がおわり、次はISO14001の取得とコーティング、ファシリテーターに挑戦することになりました。

| | コメント (0)

2011年6月16日 (木)

すべての供給者を評価

ISO9001の二次審査の立会でした。■7.47.4.1購買プロセスでは、「組織は、供給者が組織の要求事項に従って製品を供給する能力を判断の根拠として、供給者を評価し、選定しなければならない。選定、評価及び再評価の基準を定めなければならない、評価の結果の記録、及び評価によって必要とされた処置があればその記録を維持しねければならない」。■対象となる”供給者”が組織のすべての供給者であるべきか。

| | コメント (0)

2011年6月15日 (水)

ミッションが人を動かす

インテックス大阪での「Noodle WORLD KANSAI 2011」,関西うどん・そば産業展、関西ラーメン産業展、 関西パスタ産業展を見学した。 会場で「食品への異物混入事例及び再発防止策について」のセミナーを受講した。
■大商の建設事業部会での「中規模建設事業者におけるBCP策定・見直しのポイント」のセミナーに参加した。自社の身の丈にあった「機能するもの」を作ること。NTT伝言ダイヤルの事前訓練もしておくこと。
■関連WEB:日本建設業団体連合会「建設BCPガイドライン」
■大商夕学は「ヒットに方程式はあるのか? Mを求めて」、講師は㈱ディスカヴァー・トゥエンティワン・社長・千場弓子さん。ミッションが大切。ミッションが人を動かす。

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

診断士交流会「カニの会」

診断士交流会「カニの会」の第1回目は18.30から20.00まで商工会館703号室で。
■山口さんの発表は「企業の永続的発展のため」
■山元さんの発表テーマは「小さな会社(店)へのターゲットにした品ぞろえの8ポイントと価格決定の7ポイント」でした。
■1番バッターを引き受けられたお二人は若いのに自信を持って堂々と話され、立派で感心した。
■山元さんは次のようなテーマもできるそうです。人を惹きつける話し方はお上手です。
・社員に気づきを!成功する人の3条件・4ステップ・7プロセス
・経営の全体像が瞬時に見える 成功の15キーワード
・どんな仕事でも活用できるマーケティングの11キーワード
・マネージャはおさえるマネジメントの3つの切口
・バリューメイク「価値とは○○○で表せるもの」
・マーチャンダイジングの8つのポイント・7つの数字(今回発表内容)
・中小企業でもできるブランディング3+1
・コンセプトメイク+社長の理念が一気に見える化する究極のワーク
・モチベーション「社員の自信が成果を上げる」
・リーダーシップの5+コミュニケーションの3
・キャッチコピーの作り方
・たったこれだけ?ロジカルシンキングの3+ストラテジーの4
■懇親会は成駒屋

| | コメント (0)

2011年6月13日 (月)

ほたる祭り

20110613hotarupanf20112011 13日の夕方、グリーンパーク山東のゲンジボタルを鑑賞しました。心配した天気は晴れ、ゲンジボタルがいっぱい飛び交い、とても贅沢な光景を堪能できました。さらにそのゲンジボタルが私の掌にも長くとまってくれ、素晴らしい時間を楽しませてくれました。米原市のホームページには蛍の発生確認情報が載っています。、
■関連WEB:ホタルの里 ~源氏ホタルの山東町ほたる祭り
■関連WEB:グリーンパーク山東
■関連WEB:山東町のホタルの確認情報

| | コメント (0)

2011年6月12日 (日)

半年ぶりの楽しい集まり

天気予報どおりに午後から雨となりました。23回忌を三松寺さんで、奈良の家族と東京の長男夫婦が揃って、半年ぶりの楽しい集まりでした。食事は「割烹東吉」でした。

| | コメント (0)

2011年6月11日 (土)

新たなイノベーションへの挑戦

経済活性化と雇用創出のためには起業家によるベンチャーの創造、新たなイノベーションを起こすことが求められています。■イノベーションの定義は?■土曜セミナー「新たなイノベーションへの挑戦」を受講した。追手門学院大学ベンチャービジネス研究所主催で、今日は全9回の初回でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

15%電力削減

関西電力が7月に15%電力削減を要請する方針をきめ発表した。関西企業は改めて節電対応を問われることになる。■ISO14001の審査でお邪魔した大手企業もすでに照明も減らし節電中。さらなる省エネルギー対策が求められる。

| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

「再生可能エネルギーの全量買取制度法案」成立見込みなし

日経エコロジー7月号は特集の一つが「評価高まる分散電源・熱源、エネルギーは自活時代へ」です。■再生可能エネルギーとコージェネを組み合わせた分散型システム、燃料電池や太陽電池などは、農林業や畜産と町をエネルギー活用で結びつけ、地域産業を活性化する新しい社会基盤として期待される。■もう一つの特集は全国調査「これからのエネルギー」です。「当面は原発と共存し、再生可能エネルギーを拡大する」というのが、回答者の選択です。■「再生可能エネルギーの全量買取制度法案」を閣議決定し、本第177回通常国会へ法案提出された(3月11日)。国会は菅首相退陣時期をめぐり空転し、この法案の成立の見通しが立たない状況です。再生可能エネルギーへの道は遠い!
■関連WEB:電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案について
■関連WEB:序章 エネルギーと国民生活・経済活動
■関連WEB:我が国のエネルギーバランス・フロー概要(2008年度、単位1015J)
■関連WEB:国内エネルギー動向
■関連WEB: 特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)
■関連WEB:自然エネルギー白書2011

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

フェイスブックによる集客術

20110608facebook 今日の大商ビジネス講演会は「知恵と工夫で自社のファンをどんどん増やす方法~世界中の企業がファンを創り出すフェイスブックというしくみ~」で240人入る会場が満席の状態でした。
■講師は株式会社ソーシャルメディア 研究所代表取締役・熊坂仁美さん。
■次の3点を特に強調された。
1)フェイスブックだけでは効果が出にくい。他のメディア(ブログ、ホームページ)と連動させる。
2)人が集まるコンテンツは何が良いかを考え、定期的に発信していくこと。
 ハウツーは一番喜ばれるコンテンツ。
3)求められるのはスピード、そして失敗を恐れないこと。
■ホームページ、ブログに「いいね」ボタンを埋め込むのが良い。■「クーポン」は今後、店舗集客の強力なツールになる可能性が大きくなる。■ローソンが7日、Facebookの新サービス「Facebookチェックインクーポン」を導入することを発表した。日本初導入パートナー企業の1社として参加し、第1弾として、「からあげクン」(5個入り各種 税込210円)の半額券を先着50,000名に発行するそうです。
■関連WEB:Facebook「ソーシャルメディア 研究所」
■関連WEB:Facebook「熊坂仁美」
■関連WEB:Facebookを集客に使う本
■関連WEB:Facebook「伊藤ハム」
■関連WEB:Facebook「ローソン」
■関連WEB:Facebook「スターバックス」
■関連WEB:Facebook「ANA」
■関連WEB:ツイッター「NHK(時計)」

| | コメント (0)

2011年6月 7日 (火)

旅行で使うタイ語

ISO取得後は緊張から解放され、ISO活動を後回しにしてしまい、ルール通りにできずに、すべきことが滞っている会社が少なくありません。ISOは全員参加ですが、多くの企業は事務局の人だけが頑張っている。残念ながら今日訪問した企業もルール通りにできていません。
■今日のおうてもん塾「外国語イントロ講座」4講は「旅行で使うタイ語」を学びました。タイ語の5声調の使い分けが難しいですね。早く使ってみたいですね■この外国語イントロ講座では、これまでロシア語、タミル語、韓国語の会話と文字の書き方を学びました。次回は中国語、最終回はペルシャ語です。
■関連WEB:【タイ語】挨拶、こんにちは、さようなら

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

コーチング

6月6日は二十四節気の一つ、芒種です。稲の類いの穀物の種蒔きをする頃の意味だそうです。 ■ISOのPDCAをまわす。主体的に活動できる組織にしたい。そのために経営者・後継者・中間管理職向けコーチング研修のプレゼンをしました。

| | コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

リコーダーオーケストラ

20110605 5日の「ルソンの壺」はダイニング等で使う椅子を作るメーカー・宮崎椅子製作所でした。主力商品は1脚3万円以上、購入まで3か月待ちと大ヒット中。
■関連WEB:宮崎椅子製作所
■リコーダー兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールでのリコーダーオーケストラ「デル・ソーレ大阪」第4回コンサートを楽しみました。
■関連WEB:リコーダーの種類と構造(ヤマハ)

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

PAS223(食品包装・前提条件プログラム)の勉強会

S20110604iso_1 S20110604iso_3 BSI大阪事務所で井上正昭さんを中心にBS-PAS223(食品包装・前提条件プログラム)の勉強会がありました。『PAS223』は食品包装資材メーカーの対象規格です。「食品包装の設計及び製造における食品安全のための前提条件プログラム-仕様」です。BSーPAS220は「前提条件プログラム」です。

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

言葉の花束

(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから言葉の花束「プラスαの魅力」をいただきました。「言葉の花束」「2352011.6.1[1].doc」をダウンロード ド してご覧ください
①「だいたいできた」と安心してはいけない
②「無理かもしれない」と考えると、脳の思考力や記憶力をダウンさせる
③なぜ「言われたことをコツコツやる」が脳にとって悪いのか

| | コメント (0)

2011年6月 2日 (木)

夢は実現するためにある

20110602_20 「輝いて生きる ~夢は実現するためにある~」、住吉異業種交流会Sネット20周年記念講演会はチベット声楽家のバイマーヤンジンさんでした。90分の講演、心に残る貴重なお話。■大学時代、22時消灯で、公衆トイレだけ夜通し明かりが灯っていたので、本とノートを持ってトイレに籠り、氷点下何十度にもなる冬は、かじかむ手を口の中に入れて温めながら勉強した。■バイマ-ヤンジンさんは故郷の初等教育普及(小学校建設)のために始めた学校建設活動も、大きな成果をあげ、今では9つの小学校とひとつの中学校が開校、日本とチベットの子供同士の交流も接極的に行っている。■上手な日本での講演でした。
■関連WEB:バイマーヤンジン
■関連WEB:バイマーヤンジンの日記 
■関連動画:みかんの花咲く丘 バイマー ヤンジン 
■関連WEB:ダイナミックオーナズ会第300回例会・「来日15周年記念コンサート」

| | コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

コーチングサービスの紹介

今日はISO9001を事業承継のツールとして定着させるために、認定コーチの方のご協力を得て、経営者のヒアリングとコーチングサービスの紹介に出かけた。■ヒアリングから「社長が信念をもって行動してこられたこと」がよく理解できました。■「雇用を守りたい! 地場産業を活性化したい! 日本国内でもやれることはまだまだある」と考えQC活動やISO認証取得に一生懸命チャレンジされている社長のその取り組む姿勢が素晴らしい。■「これから到来する不確実な時代、どんな社会環境になっても全天候型経営でさらに成長していただくためにビジネスコーチとしての活躍の場がある」とコーチの感想でした。
■経営5原則
1.チャレンジ精神
2.創造性発揮集団
3.QCDの原則
4.職場環境保全
5.社会への支援活動
■今日のヒアリングで、すばらしい名コーチの手法の一端をうかがうことができました。■コーチの的を得た質問で小職の知らなかった社長の経営の考え方のルーツを改めて理解できました。■これもコーチングの効果だと認識しました。■「創造性発揮集団」、個々人の個性が適所適材・少数精鋭主義によって、いかんなく発揮され続けるためには、コーチングが有効な策です。
■関連WEB:トップコーチングスタジアム

| | コメント (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »